WP基礎:1.WordPressの仕組み

1.WordPressの仕組み

WordPressとは、と検索すると、ウィキペディアは以下のように定義されています。

WordPressとは、オープンソースのブログソフトウェアである。
PHPで開発されており、データベース管理システムとしてMySQLを利用している。
単なるブログではなくCMSとしてもしばしば利用されている。

もう少し噛み砕いた表現をすると、

  1. WEBサイトはHTMLという言語で書かれたページの集合体です。
  2. WordPressは、ブログサイトを構成する、そのHTMLのページを生成するソフトウェアです。ブログサイトだけでなく、Webサイトも作成できます。
  3. そのソフトウェアはPHPで開発されており、誰でも開発できるようになっています。
  4. ソフトウェアとは別にMySQLというデータベース管理システムを利用しており、データはそこで管理します。

その仕組みをイメージすると、このような感じになります。

「サーバーにインストールして使うWordPressの仕組みイメージ」

WordPressの仕組みイメージ
クリックすると拡大します

はじめにインストールするワードプレスは基本ソフトです。
その中にテーマと呼ばれる、テンプレートを導入して使用します。

テーマには

どのようにサイトのページを構成するかが、PHPというプログラム言語で書かれたものと、

ページの体裁や書体など、デザインに関する設定が、HTML言語で書かれたCSSと呼ばれるものが含まれています。

PHPファイルの構成と、CSSのスタイル設定に従って、データベースからテキスト(文章)や画像データが並べられ、生成されるのがHTMLのページです。