タグ別アーカイブ: WordPress・ワードプレス

WordPressテーマTwenty~のカテゴリページ等を抜粋一覧等にする方法

WPアーカイブページの記事を抜粋一覧にする設定方法まとめ

ワードプレスのデフォルトテーマ、Twenty Twelve、Twenty Thirteen、Twenty Fourteen、Twenty Fifteen、TwentySixteenのブログページ、アーカイブページの記事を抜粋一覧にする設定方法をまとめました。

AddQuicktagに蛍光ペンstyleを追加・CSSもSEOに配慮しよう!

AddQuicktagの使い方蛍光ペンスタイル編

スタイルシート(style.css)に記述したスタイルを登録することによって、ビジュアルエディターでも簡単にスタイルを適用できる状態にすることができるプラグイン、AddQuicktag。最近はやりの蛍光ペンのスタイルCSSを登録する手順と、コピペできる色々な蛍光ペンCSSを紹介しています。

WordPressでアイキャッチ画像を好きなサイズで設定・使う方法

Mission・任意のサイズのアイキャッチ画像を設定して思いのままのディスプレイを実現せよ

WordPressのアイキャッチ、または、アイキャッチ画像(旧称:投稿サムネイル)は、投稿を一覧表示した時などに目を惹き、インパクトを与えるもの。アイキャッチの有無で回遊率にも影響があります。好みのアイキャッチ画像のサイズをWordPressの「add image size」で追加登録し使う方法を説明しています。これで、設定されたアイキャッチ画像サイズしか指定できないプラグインでも、固定ページでもサイドバーでも、様々なところで好みのサイズのアイキャッチ画像を自在に表示できるようになります。

Facebook投稿のデバッグはもう不要。プラグインFacebook Linter

まだFacebook投稿のデバッグで消耗してるの?

ブログ記事をFacebookでシェアしようと思ったら、アイキャッチ画像が表示されない、小さくなる、謎の人影画像になる・・のを自動的に回避、公開・更新時に即座にデバッグしてくれるプラグインFacebookLinterの設定方法

functions.phpに加えると便利なワードプレス・コーデックス5選

WordPressのfunctionsphpを操って、テーマを自分好みにカスタマイズ

ワードプレス子テーマをカスタマイズする上で、functions.phpに追加したら、便利だったコーデックスをあらためてリストアップしてみました。ここでは、そのリストの中の基本的な5つ、抜粋、固定ページへの抜粋とアイキャッチ、ショートコード関連のものを取り上げています。

高速化したいなら、SNSスクリプトをまとめて設置!計測もしてみた

ページスピードを高速化するソーシャルスクリプトの設置方法

いまや、ソーシャル上での記事のシェアやいいね!ツイートはブログ記事拡散の為に必要不可欠。しかし、そのソーシャルボタンのスクリプトがページの読み込み時間を増やしてしまう原因にも。できるだけ速くなる方法を探ってみました!

ショートコードだけでページ内に記事一覧!Display Posts Shortcode

Display Post Shortcodeは、ショートコードで様々な記事一覧をサイドバーはもちろん、ページ内、投稿内、フッターに作る事ができる大変便利なプラグイン。この記事では、Display Post Shortcodeを使ってページ内にサムネイル付き記事一覧を作成する方法を書いています。

コンテンツとしての画像付き記事一覧を作れるNewpost Catch

サイドバーウィジェットで最新投稿記事を一覧表示させることが簡単にできるWordPressプラグイン、Newpost Catchですが、ショートコードでの表示機能を活用すれば、投稿内にサムネイル付記事一覧を載せる事も可能です。Newpost Catchプラグインの機能を活用して、投稿内での記事アイキャッチ画像付きの一覧を作る方法と、一覧を横並びにするCSSについての説明です。

OGP設定準備編header.phpのhead prefixとget_template_part

headprefix条件分岐

Facebookボタンに必要な情報を生成するためのタグ(OGP タグ)をheader.phpに設置する必要があります。プラグインで完全なOGPタグを生成してくれるものがあれば簡単だったのですが、2週間程いろいろ試してみたものの、見つけることが出来ませんでしたので、ヘッダーにOGPタグを設置する方法を書いてみました。

FacebookのLikeボタン

いいね!ボタンポップアップ

ブログにFacebookのいいね!ボタンを設置する目的は、

Facebook→ブログ:Facebookでつながりのある人にブログ閲覧を促す
ブログ→Facebook:ブログ閲覧してくれた人がFacebookユーザーなら、いいね!を押してもらう事によって更なる拡散を目指す
といったところでしょうか。
でも、仕様が変わっていたんですね・・・^^;