タグ別アーカイブ: SEO

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)登録&SEOにも効く5設定&Fetch

検索されるサイトの秘訣はサーチコンソールの活用

Google Search Console(グーグルサーチコンソール・旧ウエブマスターツール)はサイトを立ち上げたら、Google Analyticsと同様、ぜひ活用したいツールです。Analyticsは日々のアクセス解析に役立ちますが、Search Consoleは検索エンジンにどのようにインデックスされているのか、上手にインデックスされるためにデータを送る等、SEOには欠かせないツールです。ここでは、Search Consoleの登録方法からその後の初期段階の設定までを解説しています。

SEO施策・サイト評価を守れ!WordPress重複コンテンツ対策

重複コンテンツ解消

SEO上、サイトを適切に評価してもらうためには、重複コンテンツはない方が良いのですが、知らぬ間にWordPressサイトで重複コンテンツを発生させてしまうケースがあります。重複コンテンツが多い場合、サイトの評価ダウンにつながりますので、発生したらすぐに対処することをおすすめします。ここでは、ありがちな重複コンテンツ発生原因とその背景、重複を解消するための対処方法までを解説しています。

主要カテゴリ一覧即製!サイドバーに簡単表示させる方法

メニュー作成機能から主要カテゴリ一覧

外観・メニュー機能とカスタムメニューウィジェットで、子カテゴリを除く、親カテゴリ一覧をサイドバーウィジェットに表示させる方法について。デフォルトの「カテゴリ」ウィジェットではカテゴリが多すぎて長くなりすぎる、メインのカテゴリだけ表示させたい、カテゴリの順番を自由に変えたい、と言った場合に簡単に作成できる方法です。

facebookのいいねボタン等のSNSボタンがブログに必要な理由

知らないと損する・ソーシャルボタンが必要なわけ

facebookのいいねボタン、Google+、Twitter、はてなブックマーク等のソーシャルメディアへのシェアボタンをブログやサイトに設定するのは、つまるところはアクセスアップのため。その仕組み、背景や理由について書いています。

CSS?条件分岐?テーマ切替?WordPressの賢いモバイル対応

WordPressで多様化するデバイスサイズに対応するには

サイトの表示をデバイス画面ごとに振り分けて表示させる、レスポンシブ。ただ、昨今のデバイス画面のサイズ多様化に対処するには、昔ながらの方法では厳しい面も見えています。この記事ではWordPressサイトで、これに賢く対応する方法について書いてみました。

ワードプレス ブログ記事の”SEOな”最終更新日タグの作り方

検索エンジンはページ内からデータを収集し、最終更新日も記載されていれば取得しますが、検索ユーザーにとっても記事上の公開日、最終更新日の記載は、このコンテンツの新しさや更新の情報を知らせるものでもあるので、コンテンツの有用性や信頼性を確認する上で重要なものです。このページではSEOも考えた最終更新日タグの書き方について書いています。

WordPressブログ記事用schema.org JSON-LDをPHPで書いてみた

WPブログ用schema_org JSON-LDの書き方

schema.org の JSON-LD でのWordPressのブログ記事向けのPHPを記述する方法です。他のmicrodataやRDFAに比べると格段に記述が簡単です。PHPで書かれたものをコピー→自分用にカスタマイズ、ペーストで設置する方法について解説しています。

リッチスニペット施策schemaのmicrodataをWordPressブログに設定

リッチスニペットで検索結果に載ろう

リッチスニペットをかなえてくれるらしい、schema.orgのマークアップ。ブログ記事は対象外だと思っていましたが、使えるようなのでチャレンジした記録も兼ねてmicrodataでのマークアップ方法と、注意点などについて書いてみました。

WordPressサイトのrobots.txtについてのまとめ!

robots-txtの働きイメージ

SEO上重要なrobots.txt。下手なrobots.txtを作成してしまうと、インデックスされるデータに問題が発生する可能性もありますが、何もせずGoogle任せにすることで生じるリスクもあります。ここでは、上記のことを勘案した上で、WordPressでサイト作成する際のrobots.txtについてまとめてみました。

WPカテゴリページのSEO的カスタマイズ・LP化&重複回避

カテゴリーページのカスタマイズ

WordPressのカテゴリーページをランディングページ化し、重複コンテンツ回避をするためのカスタマイズの方法を書いています。SEOに配慮したカスタマイズで、カテゴリーページをただのアーカイブページから、サイトの戦力となるページへと変身させましょう。