タグ別アーカイブ: Child Theme・子テーマ

WordPressの子テーマの作成、カスタマイズなどに関連する記事リストです。

WordPressでアイキャッチ画像を好きなサイズで設定・使う方法

Mission・任意のサイズのアイキャッチ画像を設定して思いのままのディスプレイを実現せよ

WordPressのアイキャッチ、または、アイキャッチ画像(旧称:投稿サムネイル)は、投稿を一覧表示した時などに目を惹き、インパクトを与えるもの。アイキャッチの有無で回遊率にも影響があります。好みのアイキャッチ画像のサイズをWordPressの「add image size」で追加登録し使う方法を説明しています。これで、設定されたアイキャッチ画像サイズしか指定できないプラグインでも、固定ページでもサイドバーでも、様々なところで好みのサイズのアイキャッチ画像を自在に表示できるようになります。

functions.phpに加えると便利なワードプレス・コーデックス5選

WordPressのfunctionsphpを操って、テーマを自分好みにカスタマイズ

ワードプレス子テーマをカスタマイズする上で、functions.phpに追加したら、便利だったコーデックスをあらためてリストアップしてみました。ここでは、そのリストの中の基本的な5つ、抜粋、固定ページへの抜粋とアイキャッチ、ショートコード関連のものを取り上げています。

WordPress・OGP設定・サイトと記事で条件分岐するOGPテンプレートの作成

条件分岐OGPテンプレート

条件分岐タグでサイトトップ、ブログトップページではWEBサイトに対するOGPを、投稿・固定ページでは各ページに対するOGPを、それぞれ適切なog:title、og:type等になるようにし、正確なOGPを生成でき、更に、投稿記事へのアイキャッチ画像の設定し忘れ、抜粋をog:descriptionにする場合の<p>タグ対策もしたOGPタグを作成しました。OGP設定テンプレートを作成~ディレクトリにアップロードする方法についても説明しています。

OGP設定準備編header.phpのhead prefixとget_template_part

headprefix条件分岐

Facebookボタンに必要な情報を生成するためのタグ(OGP タグ)をheader.phpに設置する必要があります。プラグインで完全なOGPタグを生成してくれるものがあれば簡単だったのですが、2週間程いろいろ試してみたものの、見つけることが出来ませんでしたので、ヘッダーにOGPタグを設置する方法を書いてみました。

@import方式の子テーマ用functions.phpの作り方と注意点

function_php

@import方式での子テーマ用のfunctions.phpを作る場合と、作成方法・注意点について
子テーマを使ってのカスタマイズをしている場合、子テーマ用のfunctions.phpが必要になる場合があります。

子テーマ用phpファイルの複製方法と編集方法・WordPressカスタマイズ

header.phpのアップロード

子テーマに子テーマ用のheader_phpを作る
前回、プラグインで子テーマを作成しましたが、自動的に作成されたのは、CSSとfunctions.phpだけ。
ここでは、TwentyTwelveのheader_phpをコピーして、子テーマ用のheader_phpを作り、ローカルで編集を加え、アップロードするまでの手順を書いています。

子テーマ作成方法・2015以降の推奨設定wp_enqueue_style解説他

WordPress自分色にカスタマイズするなら子テーマで

子テーマ作成が必須のWordPressのカスタマイズ。何故なら子テーマを作成せずに、テーマを直接カスタマイズしてしまうと、元のテーマがアップデートされた時に改造した所が上書きされて消えてしまうから。このページでは子テーマをケース別にどのように作成すれば良いか、子テーマ作成プラグインでの子テーマ作成方法、プラグインでも子テーマが作成できない場合について解説しています。