重要・サブディレクトリWordPressサイトをルートディレクトリ表示にする

WordPressサイトアドレスURL変更方法イメージ

サブディレクトリ(例えばwp)にインストールしたWordPressサイトをルートディレクトリ表示にして、ドメインのみにする方法

タイトル、長過ぎですね^^;

それはさておき、WordPressをインストールする際にサブディレクトリにインストールし、サイトの準備が出来たら、ルートディレクトリ表示にした方が良い、と以前の記事:WordPressをインストール!で書きました。

サブディレクトリ表示 → ルートディレクトリ表示 というのは、
○○○.com/wp → ○○○.com
ということです。

ここまでのステップで、だいたい初投稿前の段階で必要最低限やっておきたい事、やるべき事は完了したかな、という感じなので、ルートディレクトリ表示に変更する方法をみていきましょう。

以下のページに詳しい解説が載っていますので、今回の場合は、このページの ”既存のサブディレクトリをルートディレクトリとして表示する場合” が参考になります。

WordPress Codexの「WordPress を専用ディレクトリに配置する」https://wpdocs.osdn.jp/WordPress_%E3%82%92%E5%B0%82%E7%94%A8%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AA%E3%81%AB%E9%85%8D%E7%BD%AE%E3%81%99%E3%82%8B

ただ、手順を間違いますと、おかしなことになる可能性がありますので、以下にもう少しかみ砕いて解説を書いてみました。

注意して、手順通りに行ってください。

  1. 一般設定画面でサイトアドレスを変更
  2. FTPソフトでサブディレクトリのindex.phpとht.accessファイルをダウンロード
  3. FTPソフトでルートディレクトリにダウンロードしたファイルをアップロード
  4. FTPソフトでルートディレクトリにアップしたファイルを開き、編集
ルートディレクトリについて

サーバーによって「ルートディレクトリ」の設定が違います。

この設定をはじめる前にまずはご使用のサーバーのマニュアルを熟読していただきたいのですが、知っているサーバーやマニュアルなどから推測できるサーバーについて少し。

◆ エックスサーバー

エックスサーバーの場合は、ドメインがexample.comであった場合、FTPソフトで見ると、下の画像の様なディレクトリ階層になっていると思います。
ルートディレクトリ・サブディレクトリ

この時ドメイン直下ディレクトリはpublic.htmlになります。
ルートディレクトリ図解

◆ さくらレンタルサーバー

さくらレンタルサーバーでは、マニュアル等を見る限りでは、home/example.com(ドメイン)となっているようです。

この場合は、example.comのディレクトリがルートディレクトリとなるので、ここにアップロードします。

◆ GMO関連サーバー
GMOはFTPソフトでログインすると、そのままドメインのルートディレクトリが開くと思われます。

ルートディレクトリの下にサブディレクトリを作ってWordPressをインストールしたのであれば、FTPソフトで開いたディレクトリがそのままルートディレクトリとなります。

では、早速やってみましょう。

1.一般設定画面でサイトアドレスを変更

一般設定(:左サイドバーメニューの設定をクリック)画面を開きます。
一般設定画面

サイトアドレス(URL)を変更します。
この時、WordPressアドレスは変更しないようにしてください。
URL設定

※サンプルページのサブディレクトリ名はtwentytwelveですが、一般的にはwpだと思います。
ご自分のサブディレクトリ名の部分を削除してください。

変更を保存ボタンをクリックします。URLの変更

2.FTPソフトでサブディレクトリのindex.phpとht.accessファイルをダウンロード

FTPソフトを開き、サブディレクトリ内にある、index.phpとht.accessをいったんPCにダウンロードします。
サブディレクトリ内にはサブディレクトリ用のindex.phpを残してある形になります。
サブディレクトリ・ダウンロードイメージ
※ダウンロードしたファイルは開かず、次のステップに進んでください。
ファイルを開いて、文字コードが変更されてしまうと、認識されなくなります。
もし、開いてしまった場合は、文字コードをUTF-8に再度保存し直すか、再ダウンロードをして下さい。

 

3.FTPソフトでルートディレクトリにダウンロードしたファイルをアップロード

ダウンロードしたファイルをルートディレクトリにアップロードします。
ルートディレクトリにアップ

4.FTPソフトでルートディレクトリにアップしたファイルを開き、編集

そのままFTPソフトでアップロードしたindex.phpを開いて編集します。
FFFTP等はダブルクリックすると開きます。

最後の一行を変更します。
index-php

require( dirname( __FILE__ ) . ‘/wp-blog-header.php‘ );

を、サブディレクトリがwpならば、

require( dirname( __FILE__ ) . ‘/wp/wp-blog-header.php‘ );

と変更し、保存します。

※エックスサーバーの場合は、ルートディレクトリに仮のindex.html が設置されていますが、これがあるとindex.phpを読むことが出来ませんので、これを削除しておきましょう。

サブディレクトリにインストールした、WordPressのサイトのインデックスページををルートディレクトリに設置する事で、ドメインからサブディレクトリが取れた状態で表示できるようになりました。

WordPressのダッシュボードへは今までと同じURL、同じIDパスワードで入れます。

お疲れ様でした。

※追記
index.phpをサブディレクトリからルートディレクトリに移植する事で、ドメインURLでトップページを表示できるようになりますが、メニューの修正も必要なのを書いておくのを忘れていました^^;
サンプルページの場合はここの部分↓
サブディレクトリからルートディレクトリにインデックスページを表示させるようにした後のメニューの変更事項

URLを見ると、
http://wp-samples.hublog.biz/twentytwelve/
となっています。

これはサブディレクトリからルートディレクトリにインデックスページを表示させるようにする前のトップページのURLなので、このホームボタンをクリックすると、
サブディレクトリからルートディレクトリにインデックスページを表示させるようにした後のメニューの変更事項

ということになってしまいます。

これを回避するには、ダッシュボード左メニューから、外観→メニューでホームボタンのURLからサブディレクトリの部分を削除して変更します。
サブディレクトリからルートディレクトリにインデックスページを表示させるようにした後のメニューの変更事項

サブディレクトリからルートディレクトリにインデックスページを表示させるようにした後のメニューの変更事項

メニューを保存して完了です。

今度こそ^^;お疲れ様でした(^^)

Published:2014/02/15

Written by

重要・サブディレクトリWordPressサイトをルートディレクトリ表示にする」への3件のフィードバック

コメントを残す