Google Search Console(グーグルサーチコンソール)登録&SEOにも効く5設定&Fetch

検索されるサイトの秘訣はサーチコンソールの活用

サイト立ち上げ直後、検索エンジンインデックス解禁直後には、このタイミングだからこそやっておきたい項目がいくつかあります。

特に、Search Console(旧ウェブマスターツール)の利用はすぐにスタートさせたいところです。

Google Analyticsは日々のアクセス数のチェック、アクセス流入の経路やその解析に役立ちますが、他方でSearch Consoleを利用すると、

  • Googleの検索エンジンにどのようにインデックスされているか の確認
  • インデックスを促すためのサイトマップの送信や確認
  • インデックスがうまくいかない場合のfetch as googleの利用
  • robots.txtが適切かどうかの確認

などなど、サイト運営上、Googleの検索エンジンに伝えておきたいサイトの情報を伝えたり、インデックスの状態などがチェックできるようになる、SEO上欠かせないツールです。

言い換えれば、Google AnalyticesとSearch Consoleは使う分野が異なるツール、ということです。

下の動画でわかるように、Search Consoleには多くの活用方法があります。

Search Consoleを有効的に活用できるようにするため、ここではまず登録方法からその後の初期段階の設定までを解説していきます。

Search Consoleの登録~活用までの手順の概要

Search Consoleの利用は、以下の様な手順で進めます。

  1. サイトを登録し、
  2. サイトの所有者確認設定をします。
    さらに、
  3. サイトのバージョンの選択
    (wwwがある状態:http://www.example.com/
    または
    wwwがない状態:http://example.com/
    のどちらかを選択します。)
  4. サイトマップの送信
  5. robots.txtの送信

Search Console登録前にGoogleアカウントが必要です

サイトの登録をする場合、

Search Console
URL:https://www.google.com/webmasters/

で登録しますが、
その前にGoogleアカウントが必要です。

Googleアカウントを作成すれば、Gmailも使えるようになりますし、Googleアカウントを作成することで使えるようになる、他のGoogleのサービスもサイト運営上色々と便利に使えます。

Gmailを利用している人はそのアカウントを利用すれば良いと思いますが、複数のアカウントをお持ちの場合は、Google+と連携しているアカウントでの利用がオススメです。

Googleアカウントが無い場合は、以下のページから登録してください。

「Google アカウントの作成」ページ
https://accounts.google.com/signup?hl=ja

さて、GoogleアカウントはOKですか?
では、スタート前にログインしておいて下さい!

早速Search Consoleへの登録をしていきましょう!

Search Consoleへの登録

登録方法についての詳細は、以下の「Search Console にサイトを登録する」ページにひととおりの手順が記載されていますので、目を通してみて下さい。

Search Console にサイトを登録するhttps://support.google.com/webmasters/answer/6332964?hl=ja&ref_topic=4564315

はじめてSearch Consoleを使う場合は、以下の様な画面になりますので、URLを入力して『プロパティを追加』ボタンをクリックします。
SearchConsoleへようこそ画面

以前に登録したサイトがある場合は以下の様な画面になります。
SearchConsoleユーザー画面

この場合は、URLを右上の『プロパティを追加』ボタンをクリックして登録します。
Search Consoleプロパティを追加ボタン

ポップアップウィンドウでプロパティを追加画面が表示されるので、URLを入力して追加ボタンをクリックします。
Search Consoleプロパティを追加画面

続けてサイトの所有権の確認画面になります。

サイトの所有者確認

所有権の確認画面通りに進めます。

下記画像はクリックすると拡大するので、赤文字の補足も参考にしてみて下さい。
Search Console所有権の確認

◆ サイトの所有者確認の設定方法について

Google詳解ページで内容を確認したい場合は以下のページが参考になります。

「サイトの所有権を確認する」
https://support.google.com/webmasters/answer/35179?hl=ja

◆ WPサイトのプラグインでの所有者確認について

WordPressの場合はSEOプラグインやJetpack(サイト認証)でも簡単に設定出来ますが、それらが動かなくなった場合にSearch Consoleのデータも切れてしまいます。

そんなに難しい設定でもありませんので、できれば上記のページの確認方法のどれかを設定した方が良いでしょう。

個人的には「おすすめの方法」としてまず表示される、

「FTPソフトを使用してドメイン直下にhtmlファイルをアップする」

方法が一番シンプルで簡単・確実だと思います。

ルートディレクトリについては、「重要・サブディレクトリWordPressサイトをルートディレクトリ表示にする」でも書きましたが、

ドメイン直下はサーバーによって設定が違います。例えば、エックスサーバーの場合は、public.htmlディレクトリ内がドメイン直下となり、そこにアップロードしますが、

ルートディレクトリ・サブディレクトリ

GMO関連サーバーでは、マニュアルを見る限り、FTPで開いた時に表示されるディレクトリにそのままアップロードする仕様のようです。

ご使用のレンタルサーバーの仕様をご確認の上、FTPソフトでアップロードして下さい。

続けて、詳細設定をしていきます。

Search Consoleの詳細設定

登録・確認後のSearch Consoleのトップ画面には、登録されたサイトが以下の様に表示されます。
サイト登録後のSearchConsole表示例

詳細を表示をクリックします。
詳細を表示をクリック

ステップ・バイ・ステップで詳細設定できる以下の様な画面が開きます。

このように表示されると全てやらなくてはいけないように感じますが、必要なのは1、2、3、5です。
サーチコンソール詳細設定一覧画面

やり方はボタンをクリック → 開いた画面で操作でOKですが、以下に理解を深めるための補足の解説を、それぞれのステップごとにちょこっと書いておきますので、参考にしてみて下さい!

1 ウェブサイトの全バージョンを追加する について

2の「ドメインのバージョンを選択する」を行うにあたって、全ての”バージョン”がSearch Consoleに登録されている必要があります。

てか、「ウェブサイトのバージョン」て何?って思われませんでした?

例えば、自分はexample.comというドメインを使用しているだけのつもりでも、実際には、

  • www有りのURL・・・htttp://www.example.com
  • www無しのURL・・・htttp://example.com

の2つのドメインがWEB上に両方とも存在する状態になります。

同じ内容のサイトではあるのですが、www有り無し両方のURLからサイトを表示させることができます。

これが、www有り無し2つのexample.comの”バージョン”がある、という状態です。

この状態のままだと、アクセスを分け合い、ひいては検索エンジンからの評価を分け合ってしまいます。
www有り無しを選択するイメージ・両バージョンが存在する状態

どちらかひとつのバージョンを選択してドメインの評価を一極化する方がSEO的に有利ですよね。

次の2のステップでどのバージョンにするかを選択するのですが、その前に全てのバージョンを登録するのが、この1のステップ、というわけです。

ボタンをクリックすると前の画面が別タブで開きますので、www有りバージョンを登録したのであれば、無しバージョンを、その逆であればwww有りバージョンを追加で登録します。

また、SSLを利用している場合、モバイルサイトはサブドメインで利用している場合など、ひとつのサイトにURLがいくつか存在する状態の場合は、

それらを「正規化」する必要があり、そのためにはそれら全てを追加登録する必要があります。

詳細については、以下のページを参考にして下さい。

「ウェブサイト プロパティを追加する」
https://support.google.com/webmasters/answer/34592?hl=ja
support.google.com/webmasters/answer/34592?hl=ja

2 優先するバージョンを選択する

このステップで、ドメインのwwwが有るバージョンのURLか、無いバージョンのURLかを選択します。

ボタンをクリックすると次のような画面が表示されるので、〇をクリックしてバージョンを選択します。

使用するドメインの選択

これを行うことで、選択されなかった方のURLが301になり、選択された方にリダイレクトされるようになります。

例えばwwwなしのURLを選択した場合、www有りのURLで検索された時もwwwなしのURLのページが表示されるようになります。
301リダイレクトでwww無しURLに正規化

301リダイレクトについて理解するには以下のページがわかりやすいです!

「ページの URL の変更と 301 リダイレクトの使用」https://support.google.com/webmasters/answer/93633?hl=ja

※注Search Consoleでのドメインの統一は、Googleにだけ有効です。

その他のサーチエンジン(bingなど)用には、htaccessファイルに下記のような記述をして、301設定をしておく必要があります。

WWW.example.comをexample.comに301リダイレクトする場合の記述

Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.example\.com$
RewriteRule ^(.*)$ http://example.com/$1 [R=301,L]

3 ターゲットとする国を選択する
・・・インターナショナル ターゲティング

インターナショナルターゲティング・国

3のインターナショナル ターゲティングは、検索結果のターゲットを特定の国に設定するかどうかを決めるものです。

「国」のタブをクリックして国を指定します。
インターナショナルターゲティング・国

URLがjpドメインの場合は、ccTLD(地域・国に限定されているドメイン)の為、最初から日本に指定されています。
jpドメインの国指定は日本

注意したいのは、jpドメイン以外のドメインでこの設定をすると、特定の国や地域にドメインを紐づけることになるのですが、これはある意味ドメインを特定の国や地域を限定してしまうという事でもあるということです。

このインターナショナルターゲティングの「国」設定の説明をよく読むと、

コンテンツがフランス語で、複数の国や地域の人に興味を持ってもらえる内容であれば、地域を限定しないことをおすすめします。

とあります。

これは、フランス語は、フランスだけでなく、スイス・ベルギー・モナコ・カナダ、そしてアフリカ大陸などでも使われるので、

フランス国内の人にだけ見てもらいたい場合以外は、指定しないでね、という意味です。

これを踏まえると、日本国内のみならず海外在住の、日本人の方や日本語を読める方々にもサイトに来てもらいたいのであれば、『指定無し』にしておく方が良いということになります。

反面、日本在住の方にのみ見てもらえればそれでOKなのであれば、ドメインを日本に紐づけた方が検索順位に良い影響があるとも言われています。

自分はというと、以前【日本】に設定した直後に外国在住の日本人の方から、記事の内容について質問をいただき、考えた挙句【指定なし】に変更し直しました(^_^;)

どちらを選ぶかはご自身の判断で選択していただければ、と思います。

ちなみに、これらの事を踏まえると、まず日本語サイトを作成し、その後海外向け外国語サイトを作ろうという場合、jpドメインで外国語サイトを作っても海外からの検索にヒットしません。

この場合、それぞれの国のドメイン、つまりアメリカならus、オーストラリアならau、中国ならcn、台湾ならtw、香港ならhkといった具合に国別ドメインをそれぞれ取得する必要が出てきます。

海外向けの外国語サイトをサブディレクトリやサブドメインで立ち上げたい、といった予定がある場合には、jpドメインでのドメイン取得はやめておいた方が良い、と考えられます。

関連して「rel=”alternate” hreflang=”x” 属性」のお話

Googleの”rel=”alternate” hreflang=”x” 属性”は、ウェブサイトにそれぞれ特定の地域向けバージョンがある場合、

hreflang=”x” で表示させたいバージョンを地域別に指定しておくことで、特定地域での検索結果にそれぞれの適した言語のサイトのバージョンを返すように出来るものです。

例えば”日本国内向けの日本語版”、”欧米向けの英語版”、”中国や台湾向けの中国語版”があるサイトで、

英語圏で検索された時に

<link rel=”alternate” href=”http://example.com/en” hreflang=”en” />

といったタグを<head>~</head>に入れておくことで、英語版のサイトが検索結果に返される、というものです。

※この場合、

  • href=”http://example.com/en” が英語版のサイトURL
  • hreflang=”en” は汎用英語

を指しますが、hreflangを”en-au”などにして特定の国などに向けることも可能です。

ただこれは、地域別の言語別バージョンがあるウェブサイトで、各バージョンを各地域での検索結果に返したい場合にだけ必要なものです。

日本語で、日本で書いていて、たぶん日本人しか読まないから、日本国内向けのhreflangの設定をしなくてはならない、というわけではありません。

hreflangの設定をしないでいると、hreflangの設定をするようにメッセージが届くので、やらなくてはいけないのか?と思ってしまいそうになりますが、

言語・地域・国別のバージョンがない場合にはやらなくてOK、メッセージも削除してしまってOKです。

もちろん、ホテルや旅館、観光施設、交通機関などのWEBサイトで、海外からの旅行者向けに英語版、中国語版、スペイン語版などがある場合は、設定を考慮した方が良いように思います。

hreflangの使い方について、より詳細が知りたい場合には以下の記事を参考にしてみて下さい。

「言語や地域の URL に hreflang を使用する」
https://support.google.com/webmasters/answer/189077?hl=ja

5 サイトマップファイルを送信する

WordPressではGoogle XML Sitemapなどのプラグインを使えば、サイトマップは自動的にGoogleやBingに送信されます。

サイトマップが送信されているかどうかを確認したい場合はサイトマップを送信ボタンをクリックします。

まだ公開したばかりで、サイトマップが送信されていない場合は、以下のような画面が表示されます。
サイトマップの追加画面

一刻も早くサイトマップを追加したい場合は、右上の赤い「サイトマップの追加/テスト」のボタンをクリックします。

以下のような入力欄とボタンが表示されるので、まず入力欄に”sitemap.xml”と入力し、テストのボタンをクリックします。
サイトマップの追加・テスト

テスト結果を確認し、
テスト結果ボタン

問題がなければ、
テスト結果に問題が無い場合の表示

テストを閉じて、先ほどの送信ボタンで送信します。
サイトマップの送信

このサイトマップの追加/テストの方法は、プラグインのバグや、設定ミスで、おかしなサイトマップを送ってしまった!といった時に、修正したサイトマップを一刻も早く送りたい、といった場合にも使えますので、覚えておくと良いでしょう。

◆ 同僚にアクセス権を付与する
・・・自分以外の人にもSearch Consoleを見られるようにする

4の「同僚にアクセス権を付与する」は、会社でサイト管理者が複数いる場合や、外部のWeb管理者やコンサルタントにSearch Consoleを確認してもらう、といった場合に利用できる機能です。

アクセス権の範囲設定などもできます。

robots.txtの記述を確認する

WordPressは何もしなくても基本設定で以下のような仮想robots.txtを作ります。

◆ルートドメインにWordPressをインストールした場合

User-agent: *
Disallow: /wp-admin/
Allow: /wp-admin/admin-ajax.php

Sitemap: http://example.com/sitemap.xml

◆サブディレクトリにWordPressをインストールして、
ルートディレクトリ表示にした場合

User-agent: *
Disallow: /wp/wp-admin/
Allow: /wp/wp-admin/admin-ajax.php

Sitemap: http://example.com/sitemap.xml

プラグインでrobots.txtを生成してくれるものを使っている場合もあると思いますので、問題が起きるまでノータッチという場合も少なくありませんが、

Googlebotがjsやcssをクロールするようになった現在、下手にrobots.txtでクロールをブロックしてしまうとサイト評価を下げかねません。

後でしまったぁ!と言わないために、Search ConsoleでGoogleのクローラーが自分のサイトのrobots.txtをどのように認識しているかを確認しておきましょう。

設定 → 表示設定ページの【検索エンジンでの表示】で☑を☐にしたばかりですと、
検索エンジンがサイトをインデックスするのを許可する

まだクローラーが新しいrobots.txtを読んでいないので、以下のような内容になっている場合があります。

User-agent: *
Disallow:/

これはrobots.txtが、サイト全体をブロックしている状態です。

新しいrobots.txtを早く認識してもらうためには、以下の手順でrobots.txtが更新されたこと(ブロックが解除されたこと)をクローラーに知らせます。

1.クロール → robots.txt テスターのページを開く。

robots.txtテスターを開く

2.右下の送信ボタンをクリック

送信ボタン

3.ポップアップ表示される別ウィンドウで一番下の
”Google に更新をリクエストrobots.txt ファイルが更新されたことを Google に知らせるリクエストを送信します。”
の送信ボタンをクリック

Googleにrobots.txtの更新を送信

4.ポップアップウィンドウを右上のXをクリックして閉じる

ポップアップウィンドウを閉じる

5.robots.txt テスターのページを再読み込み

ページの再読み込み

6.新しいrobots.txtの内容になっていることを確認
robots.txt テスター

ここまででSearch Consoleの初期設定が出来ました!
もう一つおまけに、Googleアナリティクスとの設定もやってしまいましょう!

Google analyticsとSearch Consoleを連携させる

Search Console(サーチコンソール)とGoogle analytics(グーグルアナリティクス)とを連携させると、Google analytics(グーグルアナリティクス)の中で、Search Console(サーチコンソール)の「検索アナリティクス」データを共有できるようになります。

Search Console(サーチコンソール)のトップ画面から、Google analytics(グーグルアナリティクス)と連携させたいプロパティ(URL)をクリックして開きます。
サイト登録後のSearchConsole表示

右上の歯車アイコンをクリックしてドロップダウンメニューから、Googleアナリティクスのプロパティをクリックします。
アナリティクスとの連携1

「Google アナリティクスで Search Console のデータを使用する」のページが開きます。
リンクされているプロパティを見て「このサイトは Google アナリティクス アカウントのどのウェブ プロパティにもリンクされていません。」と表示されていたら、連携されていません。
Google アナリティクスで Search Console のデータを使用する

※ちなみに、既に連携されている場合、ここにはサイト名が表示されます。

アナリティクスに登録されている「アナリティクス ウェブ プロパティ」の一覧から連携させたいプロパティ(URL)の〇をクリック、保存ボタンをクリックして、完了です。
Google アナリティクスと Search Console との連携

「アナリティクス ウェブ プロパティ」に関連付けたいURLが見当たらない場合は、アナリティクスの登録を見直してみてください。

Fetch as Googleでインデックスを要請しておく

最後にFetch as Googleを使って、Googleにサイトのインデックスを頼んでおきましょう。

Fetch as Googleからインデックスを要請しておくと、ただ待っている時よりも早くクロール&インデックスをしてもらえます。

新たにサイトを立ち上げた時のサイトのFetchだけでなく、ページを更新した時などにもページのFetchをしておくと効率的です。

まず、Fetch as Googleを開きます。
Fetch as Googleを開く

Fetch as Googleの画面が開きます。
ドメインを確認して、取得ボタンをクリックします。
fetch as google取得ボタン
※今回はサイト全体をインデックスしてもらいたいので、/以下は空欄にします。
個々のページのインデックスを要請する場合は、/以下のページのURLを入れればOKです。

取得ボタンの下にある一覧に以下の様に表示されたら、[インデックスに送信]ボタンをクリックします。
インデックスボタンで送信

送信方法の選択画面が別窓で開きます。
fetch as google送信方法の選択

「私はロボットではありません」をクリックして、スパムロボットではなく、人間がクリックしているということ、

URLのクロールの方法を選択

  • このURLのみをクロールする:この場合トップページだけがクロールされます。
  • このURLと直接リンクをクロールする:この場合、トップページと、そのページにあるリンクを全てクロールします。サイト全体をクロールさせたい場合はこちらを選択します。
    ※直接リンクをクロールは月回数に制限があるので、注意してください。

送信ボタンをクリックします。

さてさて、これで一応「サイト立ち上げ後のサーチコンソールでやっておくべきこと」が完了しました(^O^)/

やれやれ、ちょっと長かったですね・・お疲れ様でした(^^ゞ
ではでは、今日はこの辺で。

お役に立ちましたら、シェアなどしていただけるとハッピーです!

Published:2016/06/14

Written by

コメントを残す