「出来る」サイトにサイトマップがある理由

sitemap.jpg

サイトマップを置く理由

サイトマップは2種類ある

サイトマップには、人間様用と検索エンジンクローラー様用サイトマップがあります。

人間用、は当然ですが、閲覧してくださる方のためのサイトマップで、どんなページがあるか、サイトがどういう構造になっているかを一種俯瞰で見せられる、正にマップです。

はじめたばかりなら、そんなに複雑な構造にはなっていないかもしれません。

が、コンテンツが増えるに従って、構造を変えたり、カテゴリーを変更したりすると、お気に入りに入れて下さっていた方が再訪・・アレはどこ?みたいな事になる可能性もあります。

「見やすく、わかりやすい」サイトで在り続けるためにも、サイト構造のわかるサイトマップの作成はおすすめです。

Googlebotくん一方、クローラー用は、Googleさんなどの検索エンジンのロボット用マップ。

こちらは見ると思わず、うう?と言いたくなる、テキストの羅列ですが、検索エンジンロボットさんの「クロール&インデックス」という作業をスムーズに行ってもらう為のアイテムですので、SEO的には必須アイテムです。

WordPressなら、プラグインを使って簡単に両方とも作れてしまいますので、ささっと作成していきましょう(^^)

人間様用サイトマップ

まず、サイトマップのプラグインをインストールします。
いろいろサイトマップの種類もあるかと思いますが、私が使用しているのは
PS Auto Sitemap
プラグインのページ:http://www.web-strategy.jp/wp_plugin/ps_auto_sitemap/#lang_jp

プラグイン検索でインストール、有効化すると、ダッシュボードサイドメニューの設定→PS Auto Sitemapをクリックします。
日本語設定なので、簡単ですね(^^)
sitemap0

除外したい記事なども設定できますので、隠しページなどがある場合は先程のIDの確認方法でIDを調べて入力すれば、除外できます。

制作者リンクの表示、とは、制作者さんへのリンクがサイトマップの下部に表示するかどうか・・申し訳ないですが、いまいちカッコが悪いので(^^ゞ、私は非表示にしています。
設定が出来たら、設定を保存をクリック。
サイトマップ

ご利用方法の欄のショートコードをコピーしておきます。
サイトマップ

固定ページで新規ページを作成します。
タイトルを入れ、編集モードを「テキスト」にしてから、先程のショートコードを投稿欄にコピペします。
sitemap3

下書きで保存した後、固定ページ一覧ページに戻り、作成した固定ページのタイトルをポイントします。
すると、ウィンドウ下部にページIDが表示されますので、これをメモしておきます。
sitemap1

再度、設定メニューからPS Auto Sitemapの設定画面を開き、先程のページIDを入力します。
sitemap2

スタイルも選択できますので、変更してみましょう。
変更を保存ボタンをクリックします。
sitemap4

サイトマップページを確認してみましょう。
sitemap5

検索エンジン用サイトマッププラグイン

検索エンジン用サイトマッププラグインは、Google XML Sitemapsを使用しています。
Google XML Sitemapsプラグインの詳細ページはこちら

こちらはデフォルトで使用するのであれば、インストールして有効化のみでサイトマップが作成されるので、素晴らしく簡単です。

いろいろと設定をしたいのであれば、設定メニューのXML Sitemapsをクリックすると、設定画面が表示されるので、内容を確認し、お好みで設定してみて下さい。Google XML Sitemaps

Googleウェブマスターツールも併用されると、よりインデックス効果が期待できます(^^)
関連記事:サイトを持っているなら、GOOGLEウェブマスターツールもお奨め

Published:2014/04/20

Written by

「出来る」サイトにサイトマップがある理由」への1件のフィードバック

コメントを残す