透かし画像・文字で著作権表示できるプラグインEasy WaterMark

Eary WaterMarkヘッダーイメージ

昨今、著作権とか、パクリとかの問題が騒がしいですね!

これだけ騒がれていても、まだまだ

「検索して出てきた画像を使っちゃったんだけど、ダメなの?」

などとさらっと言われる方も多々存在します^^;

大事な作品である、写真やイラストなどをブログに掲載する際に、著作権表示があれば、少しはそういった行動に歯止めがかけられるのでは?

万一無断で使われても、オリジナルは誰で、著作権が誰にあるのかを示しておくことで、面倒なことが少しは軽減するのでは?

と思い、

著作権表示をするのにも便利なウォーターマークを簡単に追加できるプラグイン、Easy WaterMarkの詳しい設定方法を書いてみました。
Eary WaterMarkヘッダーイメージ

https://ja.wordpress.org/plugins/easy-watermark/

Easy WaterMarkでこんなことができます

ウォーターマーク例
このプラグインはWordPressサイトの画像にこのような↑ウォーターマーク:透かしの文字や画像を簡単に設定できるプラグインです。

設定方法によって、

  • アップロードした画像にウォーターマークを自動的に付ける
    または
  • 選んだ画像にのみウォーターマークを付ける

を選択でき、

  • 既にアップロードしてある画像に一括でウォーターマークを追加する
  • ウォーターマークを付けた画像と、付ける前の画像をそれぞれを保存するかしないかを選択

することもできます。

また、ウォーターマークを

  1. テキスト
  2. 画像
  3. 画像 + テキスト

の3種類のパターンで選択できる、と使い分けが出来るので大変便利です。

では、早速使い方を見ていきましょう。

プラグインEasy WaterMarkをインストール

プラグインの新規追加から
プラグイン新規追加

Easy WaterMark を検索、
プラグインを追加画面

インストールします。
Easy WaterMarkをインストール

プラグインを有効化し、設定をクリックします。
Easy WaterMarkの有効化

一般設定画面で設定

ではまず、設定内容を説明していきます。
Easy WaterMark設定画面
①Auto Watermark

アップロードした時に自動的にウォーターマークをつけるかどうか

チェックが無い場合でも後からメディアライブラリから設定できます。

自動一括は簡単ではありますが、入れたくない画像にもうっかり入れてしまう可能性がありますので、外しておいた方が良いと思います。

②Backup

ウォーターマークを付けた画像とは別に、つける前の画像をバックアップ保存しておくかどうか

チェックすると、サーバー上にウォーターマーク付きの画像とついていない画像が保存されます。

This option~のところの
「サーバー容量を圧迫する可能性がありますので、オリジナルイメージはローカルに保存することを検討してください。」
と書いてある通り、使用すると容量を多く使うことになるので、使わない方が良いと思います。

③Image Sizes

ウォーターマークをつける画像の種類・サイズを選択

画像のサイズでウォーターマークをつけるかつけないかを選択します。

小さな画像はチェックを外しておきます。
特に一括でウォーターマークをつける設定にしている場合、記事一覧などに使用するサムネイルなどのチェックは外しておきましょう。

④Watermark Type

ウォーターマークのタイプを選択します。

▼をクリックすると、メニューが表示されるので、項目をクリックして選択します。

  • Text:テキスト・文字列
  • Image:登録した画像
  • Image + Text:登録した画像と文字列

残りの項目は、以下のPost Typesの設定以外はデフォルトの設定のままで良いと思います。

Easy WaterMark設定画面2

⑤Post Types

①で自動的にウォーターマークをつけるとした場合、どの投稿のタイプの画像にウォーターマークをつけるかを指定できます。

設定が完了したら、変更を保存ボタンをクリックします。

Imageを使用する

画像をウォーターマークとして使用する場合は、imageを登録します。

Imageタブをクリックし、Select/Upload Image ボタンをクリックします。
Easy WaterMark設定画面・imageを登録
※”Auto watermark”に✔のない状態、または、テキストウォーターマークがセットされていない状態の時だけ、画像登録ができます。

メディアの選択・アップロード画面に遷移しますので、ウォーターマークに使用する画像の選択またはアップロードし、右下の設定ボタンをクリックします。
ウォーターマークとして設定する、のボタン

登録すると、設定画面に切り替わります。
Easy WaterMark Imageの設定

画像配置を右上、スケールは100%、Opacityは25%と設定した場合、画像は下のようになります。
※サイズ:画像(640x480)ウォーターマーク(180×120)の場合
WaterMarked Image Sample

お好みのサイズや位置になるよう設定を工夫してみて下さい。

Textを使用する設定

Easy WaterMark TEXT設定

Image + Text に設定し、
位置を右下、Text Offsetのxyともに5%、フォントをArial Blackにした場合、以下のようになります。
WaterMarked Image + Text Sample

選んだ画像にのみウォーターマークを付ける場合のウォーターマークの追加の方法

ウォーターマークを付けるのは、メディアライブラリから簡単に画像別に追加することができます。

ライブラリ内で追加したい画像のAdd Watermarkをクリックするだけです。
メディアライブラリから、ウォーターマークを追加する

メディアライブラリにAdd Watermarkが見当たらない、という時は、表示オプションが非表示になっている可能性があります。

Add Watermarkを表示させるには、メディアライブラリのページの上部にある、表示オプションから、Easy Watermarkの□に✔が入っているかどうかを確認してください。
Add Watermarkを表示させる

一括で既にアップロードしてある画像にウォーターマークを追加

メディアのメニューから、Easy WaterMarkをクリック
Easy WaterMarkの一括操作

アップロード済みの設定に適用する画像すべてにウォーターマークを追加出来ます。
Easy WaterMarkの一括適用操作

Restore は最初の設定でBack upに✔が入っていないとできないので、ご注意ください。

ではでは、今日はこの辺で(^^)

以上、「透かし画像・文字で著作権表示できるプラグインEasy WaterMark」の巻でした(^^)

お役にたったら、シェアなどしていただけると、Happyです(^^)

Published:2015/08/26

Written by