最初に有効化・入れておきたい、おすすめWordPressプラグイン15選+α

初めてのWordPressにおすすめのプラグイン

初期設定でインストールされているプラグイン2つを有効化

まず、プラグインの一覧を見てみましょう。

プラグイン一覧
プラグイン一覧

ダッシュボード左メニューのプラグインをクリックします。

初期設定では、3つのプラグインが用意されています。

  • Akismet
  • Hello Dolly
  • WP Multibyte Patch

まず、すでにあるこの3つの中から、下の2つを有効化します。

WP Multibyte Patchを有効化

WordPress を日本語環境で正しく動作させるためにのプラグイン、必須です。

参考サイト・・・http://eastcoder.com/code/wp-multibyte-patch/

Akismetを有効化

スパムコメントからブログを守るためのプラグインです。

Akismetは有効化後、APIキーの取得をする必要があります。

APIキーを取得するには

有効化ボタンを押すと一覧の上に下のような表示が出るので、青いボタンをクリックします。

Get…の青いボタンをクリックします。

ASKIMET

 

WordPress.comの登録画面になります。

AkismetプラグインにはWordPress.comへの登録が必要です。これはスパムコメント処理をWordPress.comのクラウドサービスを利用して行うためです。

未登録の場合は、必要事項を入力して、SignUpボタンをクリックします。

既にWordPress.comに登録してアカウントを持っている方は、I already have a WordPress.com accountの青い文字をクリックします。この場合は次に出てくる画面でアカウントとパスワードを要求されますので、入力して下さい。

SignUp‐WordPress.com

SignUp‐WordPress.com

 

次の画面で一番右のPersonal:個人使用を選択します。

SIGN UPのボタンをクリックします。

116-1

次の画面で、右側にあるスライダーを左にドラッグして$0に変更の上、名前を右の欄に入力します。

アキスメット

 

APIキーが取得できました。(画面のAPIキーは2/3ほど隠してあります。)

このキーをコピーして、ダッシュボードに戻ってください。

 

 

初めの青のボタンをクリック、次の画面でキーをすでに持っていますのリンクをクリックします。

 

キーを入力する画面になります。

先程コピーしたキーをペーストするか、入力して、変更を保存ボタンをクリックします。

 

これで完了です。
アキスメット

 

その他のおすすめプラグイン

さて、その他におすすめなプラグインは、以下のプラグインです。

PubSubHubbub
Google XML Sitemaps
Google Analytics for WordPress

Meta Manager
PS Auto Sitemap
WP-PageNavi
Breadcrumb NavXT
Contact Form 7
WordPress Related Posts
WordPress Popular Posts
EWWW Image Optimizer
Edit Author Slug
Jetpack by WordPress.com

+最新投稿一覧をウィジェットなどに表示させるプラグイン

+キャッシュプラグイン

バラバラにご紹介するよりは・・・と、ここでまとめてリストアップしています。

また、重要度が高いと思われる順にリストアップしております。

上記3つは特に重要だと思います。

それ以外はテーマによっては必要でない、必ずしも今すぐに必要になるとは限らないので、テーマとの兼ね合いを検討しつつ、構築中に必要になった時点で入れて下さい。

プラグインのインストール&有効化の方法

プラグインもテーマと同様、新規追加ボタンをクリック
プラグインを新規追加

次の画面でプラグイン名を検索プラグイン名を入力して検索

検索結果から、目的のプラグインのインストールボタンをクリックして追加できます。
プラグインのインストールボタン

インストール後の画面か、インストール済みプラグインページで有効化をクリックすると、プラグインを使用できるようになります。
プラグインを有効化

ちなみに、たくさんのプラグインを一覧リストから一括インストールできる、Multi Plugin Installerというプラグインもあります。

Multi Plugin Installer

こちらは手馴れたサイト制作者などが定番プラグインを効率的にインストールする際に使うものです。
それなりにプラグインのことがわかっている方ならおすすめです。

※はじめてやまだ不慣れな方の場合は、ひとつずつ入れていくのがベストと考えるのは、

テーマや他のプラグインとの相性が悪くてトラブルが起きた場合、どのプラグインがトラブルの原因かがすぐにわかり、対処しやすいから。

トラブルになると貴重な時間をがっつり無駄にしてしまいがちですよね(^_^;)
回り道の様でもひとつずつ入れていかれることをおすすめします。

では、それぞれのプラグインの簡単な説明をしていきます。

PubSubHubbub

リアルタイムで更新情報がRSS/ATOMで発信される。
これが何故重要かというと、この更新情報がGoogleにも通知されるので、素早いインデックスが行われことになり、スパムサイトによる記事横取りを防ぐことができるため。

参考サイト・・・https://ja.wordpress.org/plugins/pubsubhubbub/

Google XML Sitemaps

検索エンジン向けのサイトマップを自動生成してくれる。Googleのサイト検索ロボットにこういうサイトです、と説明するサイトマップは必須。

参考サイト・・・http://wordpress.org/plugins/google-sitemap-generator/

Google Analytics for WordPress

Google Analytics:アクセス解析用コードを生成・埋め込み、解析まで自動でやってくれるプラグイン。

参考サイト・・・http://wordpress.org/plugins/google-analytics-for-wordpress/

Meta Manager

メタキーワードとメタディスクリプションを投稿記事などから自動生成してくれるプラグイン。

SEO的には必須アイテム。

参考サイト・・・http://wordpress.org/plugins/meta-manager/

PS Auto Sitemap

気軽に人間用サイトマップを作れるプラグイン

参考サイト(英語):http://wordpress.org/plugins/ps-auto-sitemap/

WP-PageNavi

ページナビを生成。こちらは数字表記で何ページ目かがすぐにわかるタイプ。ページ数が多いカテゴリなどに便利。

参考サイト・・・http://wordpress.org/plugins/wp-pagenavi/

Breadcrumb NavXT

パンくずリストを生成してくれるプラグイン

パンくずリストは閲覧者にも親切だが、検索ロボットもページを辿りやすくなる、サイト内ページリンクの強化などメリットが多いので、ある方が望ましい。

テーマにパンくず機能がない場合に。

参考サイト・・・http://wordpress.org/plugins/breadcrumb-navxt/

Contact Form 7

高機能なお問い合わせフォームが作れるプラグイン。お問い合わせフォームがテーマに入っていない場合はこちらがおすすめ。

参考サイト・・・http://contactform7.com/ja/

WordPress Related Posts

現在の投稿に関連する記事を表示してくれる。テーマに関連記事表示機能がついていない場合に。

参考サイト・・・http://wordpress.org/plugins/wordpress-23-related-posts-plugin/

WordPress Popular Posts

ブログで人気のある記事を表示サイドバーウィジェットなどに表示できる。アイキャッチ画像、ビュー数の表示などカスタマイズ機能も充実しており使いやすい。

参考サイト・・・https://ja.wordpress.org/plugins/wordpress-popular-posts/

EWWW Image Optimizer

ブログにアップロードされた画像を自動的に最適化。画像の劣化を防ぎながら軽量化するので、ページの読み込み速度をアップに貢献するプラグイン。

参考サイト・・・https://ja.wordpress.org/plugins/ewww-image-optimizer/

Edit Author Slug

初期設定での、ログインID=投稿者名を変更できるプラグイン。
こちらの記事「重要!WordPressのユーザー設定:ユーザ名=ログインIDは危険」で詳しく解説しているので参考にして下さい。

参考サイト・・・https://ja.wordpress.org/plugins/edit-author-slug/

Jetpack by WordPress.com

ブログを WordPress.com アカウントと連携させることで、WordPress.com クラウドサービスの便利で充実した機能を利用できるプラグイン。

Automattic:WordPress創設会社 が作成者のプラグインでもある。

ソーシャル関連の機能や、統計機能をクラウドサービスで使用すると、ページの読み込み速度を遅くしてしまう機能もある事に注意。

こちらも記事にしていますので、参考にしてみて下さい。

WordPressプラグインJetpackのインストール・設定・速度対策

参考サイト・・・https://wordpress.org/plugins/jetpack/

最新投稿一覧をウィジェットなどに表示させるプラグイン

サイト内回遊率を上げるには、サイドバーや記事下に関連記事や人気記事、最新投稿記事の一覧を”アイキャッチ画像付き”で表示させるのが定石で、実際、効果があります。

新規投稿をウィジェットに表示させるプラグインはいろいろありますが、使いやすい、機能が良い、安定しているなどの理由で特におすすめなのは以下のものです。

それぞれ記事を書いていますので、参考になれば、と思います。

プラグイン名からプラグインページへ、下の参考記事名リンクから記事に飛びます。

Newpost Catch

参考:「コンテンツとしての画像付き記事一覧を作れるNewpost Catch

Recent Posts Widget Extended

参考:「アイキャッチ付新規投稿をウィジェットに追加するWPプラグイン3選」(※3番目のプラグインです)

キャッシュプラグイン

ページ数の増加に伴い、サイト自体の表示が重くなるので、ページ数が増えたらキャッシュプラグインが必要となる。

WP Super Cache(Automattic推奨) や W3 Total Cache などが現時点ではおすすめだが、テーマとの相性もあるので、導入時には慎重に。

WP Super Cache

参考URL・・・https://ja.wordpress.org/plugins/wp-super-cache/

W3 Total Cache

参考URL・・・https://ja.wordpress.org/plugins/w3-total-cache/

とりあえず、これくらいでしょうか・・・では、いよいよ次からは、実際に投稿などをしてみましょう。

Published:2014/01/07

Written by

最初に有効化・入れておきたい、おすすめWordPressプラグイン15選+α」への3件のフィードバック

コメントを残す