WordPressパーマリンクのお悩み解決!Custom Permalinksプラグイン

Custom Permalinks

以前の記事、「パーマリンクの設定についての再考」でも、以下のように書きましたが、URLを適切な設定にすることは、SEO上でも大事なポイントです。

『Google検索エンジン最適化スターターガイド』(PDF)には、ページのURLについて以下のように書かれています。

URLがページの内容と関連する単語を含んでいれば、IDや不可解なパラメータで構成されたURLに比べて、ユーザーと検索エンジンの両方にページについての情報をより多く伝えられます

これは、パーマリンクを設定する際に、キーワードを含んだものにする事で、パーマリンクに含まれたキーワードもインデックスされる、ということも示しています。

ですので、ドメイン名はもちろんのこと、ドメインから後ろのスラッグと呼ばれる部分の設定にも気を配った方が良い、というわけです。
スラッグとは

ただ、ワードプレスのパーマリンク設定は、文字通りパーマ(=永遠)な設定。

パーマリンク設定画面の設定を変更してしまうと、サイト全体のURLが一括で変更になるため、

  • ソーシャルの”いいね”や”はてブ”などが、ゼロになる
  • 誰かのお気に入りリストから消える
  • 外部サイトからのサイトへのリンクも切れる

といったことが起こり、アクセス数や評価を下げる要因になるので、変更するのはなかなか難しいですよね。

それでも公開後にパーマリンクを変更したくなる、よくある場合としては、
サブディレクトリで公開をはじめてしまった

パーマリンク・サブディレクトリ有

→ ディレクトリ名がドメインに含まれている状態。
ルートディレクトリ表示に変えるとサブディレクトリ名が消えてしまい、パーマリンクが変わってしまうが、意味のないサブディレクトリ名(wpなど)はできればURLから消したい

 

カテゴリー名を入れる設定にした

パーマリンク・カテゴリー含む

→  カテゴリー名を変更するとパーマリンクも変わってしまうのでカテゴリー名の変更ができない

→  複数カテゴリーに属する記事で、AとBに属するが、どちらかというとB推しでいきたいのに、AのカテゴリーIDが上なので、パーマリンクがAで出てきてしまう。

→  Aカテゴリーの子カテゴリaに属する記事なので、URLにはaを含めたいけれど、親カテゴリが優先されるので、Aが含まれるURLになる

といったところでしょうか。

 

また、HTMLサイトをWordPressに移行したいといった場合では、
→ 引っ越ししたページは固定ページにして、このURLはhtmlにすることで、リンク切れ等を回避しつつ、今後追加していく投稿ページは効率を考えてhtmlなしで進めていきたい

というような場合に、以前の記事は仕方ないとしても、これからの記事はPrettyなURLにしたい!!という時に役立つのが、WordPressプラグイン、Custom Permalinksです。

Custom Permalinks

Custom Permalinksイメージ
プラグインのページ

このプラグインをインストールすると、

パーマリンク設定は変更せず=既に公開済みの、いいねなどがついている記事はそのままのURLにしておいて
( = リンク切れも、いいね消失も回避しつつ)、

これから書く新しい記事のパーマリンクは、投稿時に自由に変更することが出来ます。

また、HTMLサイトからの引っ越しの場合にも、引っ越したページにはhtmlをつけたURLを設定しつつも、新規ページにはhtmlなしのURLで作成することができます。

使い方は、インストール → 有効化 だけで完了です!

 

サブディレクトリで公開をはじめてしまった場合の対処方法

ルートディレクトリからのサイト公開をしつつ、サブディレクトリのwpなどを残す方法については、以前の記事、「ルートディレクトリ表示後のパーマリンク設定」で書きましたが、

Custom Permalinksをこの手順を踏んだ後で使えば以降の記事はwpなしで公開していくことができるようになります。

もし、公開記事がそれほど多くないようだったら、

  1. ルートディレクトリ表示にする
  2. 公開記事のURLにwpを書き加える

という方法の方が、新規投稿記事を書く時にいちいちwpを消す手間が省けますのでベターだと思います。

ちなみにルートディレクトリ表示にする方法についてはこちら↓
重要・サブディレクトリWordPressサイトをルートディレクトリ表示にする

カテゴリー名を記事スラッグ前に入れる設定にした場合は

Custom Permalinksを使うと、ドメイン以下のスラッグ部分が自由に書けるようになりますが、パーマリンク設定のカスタム構造は以下の様な状態のままにしておくと、パーマリンクカスタム構造

投稿ページでのパーマリンク欄が以下のようになります。
パーマリンク・カテゴリの有無を選択可能

カテゴリー名(:スラッグ)を含めたいのであれば、含めることもできますし、カテゴリースラッグ無しのURLにすることもできます。

※カテゴリースラッグは、URLに含む、含まないにかかわらず、カテゴリーページのURLとして使われるものでもあります。
半角英数字で設定しておくようにする事をお勧めします。

カテゴリー編集例
カテゴリー編集例・カテゴリーの編集ページ

カテゴリー編集例・カテゴリーページ

カテゴリー1とカテゴリー2の両方に属する記事で、パーマリンクにはカテゴリー2を含めたい、という場合も変更できるようになります。

変更しなかった場合、変更した場合に分けてその後どうなるのかも検証してみました。

自動的にパーマリンクに挿入されたカテゴリースラッグをそのまま使用した場合

スラッグ例

→ カテゴリースラッグを変更すると、パーマリンク中のカテゴリースラッグも変更になる。

→ カテゴリーを変更すると、カテゴリースラッグも変更される

ということで、上の様なスラッグの際、category1/ にノータッチの場合は、従来通りのパーマリンク設定になる、ということです。

既に公開済みの記事のURLを変更するのは前述のリスクがあるので、注意が必要です。

カテゴリー有りの状態のURLのカテゴリーを変更したり、IDの古いカテゴリーを追加したり、カテゴリー変更すると、パーマリンクも変更されるのも同様です。
ご注意ください。

自動的にパーマリンクに挿入されたカテゴリースラッグを変更した場合

カテゴリ部分を下位カテゴリスラッグに変更カテゴリスラッグ部分を変更

カテゴリスラッグを削除
カテゴリを削除

→ カテゴリースラッグや、カテゴリー変更をしても、パーマリンク中のカテゴリー名は変更されない

公開済み記事が少なく、これからはカテゴリースラッグはパーマリンクに含めない、という場合は、パーマリンク設定を記事スラッグのみにしてから、公開済み記事のスラッグをカテゴリスラッグ入りのものに修正する方が良いかもしれませんね。

ではでは、今日はこの辺で「WordPressパーマリンクのお悩み解決!Custom Permalinksプラグイン」の巻でした。

お役に立ったら、シェアなどしていただけると喜びます(笑)

Published:2015/11/13

Written by

コメントを残す