ルートディレクトリ表示後のパーマリンク設定

パーマリンクイメージ

ルートディレクトリ表示後、パーマリンクの設定を変更して、いいね!を消さない方法

昨日の投稿で、著者情報がエラーになる原因について書きましたが、公開後にディレクトリ変更すると、それまでにせっかくいただいた、いいね!やコメントがある場合、全て表示されなくなってしまいます。

これは、Facebookのいいね!やコメントがURLに紐付けられているので、ルートディレクトリ表示にすると、URLから “wp” などのサブディレクトリの部分が消えてしまい、違うURLになってしまうからです。

例えば、ブログのスラッグがabcというブログページの場合、
☆☆☆.com/wp/abc → ☆☆☆.com/abc
となってしまうから。

これを回避するには、少々強引ですが、パーマリンク設定で『 wp/ 』を付け加える形にする以外に方法がありません^^;

パーマリンク設定の方法の詳細については、別のページに記述してありますので、ここではパーマリンク設定でサブディレクトリがwpの場合の、『 wp/ 』を付け加える形にする方法だけを記載します。
※サブディレクトリ名がwpでない場合は、そのディレクトリ名で設定して下さい。

左サイドメニューから、設定 → パーマリンク設定を開きます。
パーマリンク設定の共通設定をカスタム構造に変更し、以前の設定に『 wp/ 』を付け加えます。

例えば、投稿名設定にしていた場合は、

http://☆☆☆.com/sample-post/

http://☆☆☆.com/wp/sample-post/

となるよう、カスタム構造の入力欄を変更します。

下は変更前がデフォルト設定になっていた場合の例です。サブディレクトリからルートディレクトリにインデックスページを表示させるようにした後のパーマリンクの設定変更方法

入力欄に   /wp/?p=%post_id%     と入力します。

ちょっと無理やりな方法なので、できればこのような形にはしたくありませんが、たくさんのいいね!やコメントをいただいているのをあきらめたくない、けれど、著者情報もGoogleさんにちゃんと拾ってもらいたい・・・という気持ちもわかりますので、参考にして頂ければ、と思います(^^)

Published:2014/05/14

Written by

ルートディレクトリ表示後のパーマリンク設定」への1件のフィードバック

コメントを残す