facebookのいいねボタン等のSNSボタンがブログに必要な理由

知らないと損する・ソーシャルボタンが必要なわけ

拡散されたい!が第一の理由

WordPressのブログサイトに各ソーシャルボタンを設置して連携させる、ということも、最近はほぼ当たり前のこととなってきていますね。

Facebookのいいねボタンをはじめとする、TwitterやGoogle+、そしてはてなブックマークなどのボタンを設置するのは、

ブログを読みにきてくれた人が簡単にシェアできるようにする

→ 記事の拡散を促し、その記事の存在を多くの人の目に触れるようにする

というのが最も大きな第一の目的であり、理由です。

でも、いいねされても検索順位には関係ないんだよね?

検索順位イメージ

2012年にGoogleがそのアルゴリズムにソーシャルシグナルを使っている的な発表をあったのですが、その後否定されています。

ソーシャルシグナルについての詳細は、以下の記事がとても参考になります。

Google検索のランキング要因になっているかもしれないソーシャルシグナル | 海外SEO情報ブログhttps://www.suzukikenichi.com/blog/social-signals-that-might-affect-rankings-at-google-search/

その後、Googleのアルゴリズムにソーシャルシグナルが加えられた、加えられているという発表はされていないので、SEOにいいねやツイートやリツイート数が直接関係していると断言はできません。

もし補完的に使用されているのだとしても、Facebookはその仕組み上、Googleクローラーがインデックスできない→ソーシャルシグナルを拾えない ので除かれます。

しかし、その一方で、

Googleにログインしている状態でChromeブラウザで検索した場合、検索1ページ目の9,10位にGoogle+でつながっている人のGoogle+への投稿記事が表示される

検索キーワード+ツイッターで検索した場合、検索結果にツイッター投稿やツイッターでのハッシュタグ検索結果ページが表示される

といったことも見られます。

また、Facebookへのいいねが関係なくても、いいねされることで拡散される→露出が増える→アクセスが伸びる、という図式でトラフィックが増えるので、結果的にページ評価・サイト評価は上がると考えられます。

さらに、はてなブックマークのようにブックマークリンクにnofollowがついていない=1ブックマークが1外部リンクとして認識されることもページ評価アップ、サイト評価アップにつながります。

こういったことから、ソーシャルシグナルが直接的にはGoogleのアルゴリズムに関係していないとしても、Googleのサイトやページへの評価にソーシャルが少なからず影響している、

つまり、ソーシャルシグナルは間接的、結果的にSEOにも影響がある、ということです。

ソーシャル強化だけやればいい・・というわけではない

アクセスアップイメージ

もちろん、コンテンツが最も重要な評価ファクターであることには変わりありません。

キーワードやディスクリプション、HTMLの構成などのいわゆるSEO対策も欠かせません。

ただ、昨今は、コンテンツだけ良くても、SEOだけ強化しても、結果が出難くなってきている、と感じる現状があります。

一般的に何かを調べていて、検索結果の2ページ目3ページ目を見ることなどほとんど無いのではないかと思います。

が、特に専門的な内容のことなどを調べていると、3ページ目にやっと、ドンピシャリの答えのページがあったりします。

検索結果ページの1ページにつき、結果項目が10ですから、上位に20位にランクイン出来なかったページということですね。

なぜ、役に立つページ(=コンテンツの良いページ)がこんなに順位が低いんだろう?と眺めていくと共通点があります。

そういうページに限ってソーシャルボタンが無かったり、ソーシャルボタンのカウントがゼロだったりする・・そう、ソーシャルをうまく活用できていないと思われるのです(^_^;)

何が言いたいのかと言うと、

ひとつのキーワードに応える、コンテンツの質がほぼ同じ優良なページが複数あった場合、

それらのページを検索結果にどの順番で表示させるのか、は他のファクターの評価も含めた総合・相対評価になってきます。

つまり、

検索結果の1ページ目に載るか載らないか、検索トップになるかならないか、それはほんの少しの差で決まっているということも十分に有り得る

ということ。

それはもしかしたら、ブクマ数だったりするかもしれないって事です。

でも、それにはやっぱりコンテンツありき。

いいねやツイートもコンテンツが良い方がシェアされますし、特にはてなブックマークでブックマークされたいのであれば、やはりコンテンツの質は重要です。

つまり、コンテンツだけ、SEOだけ、ソーシャルだけ、ではなく、総合的に強化し、相乗効果を生み出していくことが必要なのです。

言い換えると、サイト運営で成果をあげるには

      1.良質なコンテンツ(記事やサイト)を作り、
      2.キーワードやディスクリプション、サイト構造適正化などのSEOを施し、
      3.ソーシャルでノロシをあげて(=ソーシャルへのシェア投稿)、
      ウェブの世界でサイトやページの存在をアピールしていく

といったことが現在の状況では欠かせなくなってきている、ということです。

そして、この3番目のステップの大きな助けになるのが、ソーシャルボタン。
やはり必要ですね。

更に言えば、コンテンツの質ともに、ボリュームもサイト評価の要因になっているとひしひしと感じる昨今ですが・・・、そのお話また別の機会に。

ではでは、今日はこの辺で。

お役に立ちましたら、シェアなどしていただければ幸甚です(≧▽≦)

Published:2016/03/07

Written by

facebookのいいねボタン等のSNSボタンがブログに必要な理由」への1件のフィードバック

コメントを残す