Google著者情報がエラーになる原因

relauthor.jpg

Googleの著者情報がエラーになる場合のチェックリストに、あまりにも基本的な事過ぎて、載っていない原因があったので、メモ。

Googleの著者情報がエラーになる場合のチェックリストは以下のページにあるのですが、

検索結果に著者情報が表示されない場合https://support.google.com/webmasters/answer/1306778?hl=ja

この他にも重要な原因があるので、メモ。

それは、
『index.phpがトップディレクトリに置かれていない場合。』

レンタルサーバーで、WordPressをインストールして使用する場合、wpなどの名前をつけたサブディレクトリに置くようにレンサバのマニュアルに書かれていることが多いかと思います。

サブディレクトリ表示のままでもWordPressサイトとして公開できてしまうので、そのままにしてしまう場合もあるかと思いますが、これが問題です。

どうやら、Googleさん、著者情報は☆☆☆.com といったドメインのindexページの情報に紐付けておられるようで、☆☆☆.com/wp/ を登録しようとするとエラーが起こります。

実際に、このサイトはメインサイトのを構築する前に始めてしまったので^^;、サブディレクトリに置いたまま、メインサイトからリンクするつもりでした。

メインサイトが無い=トップディレクトリにはindexページが無い状態、です。
※サーバーのデフォルトの空index.htmlがあるにはありますが、これには何の情報も載っていませんので、無いのと同じです。

この状態で登録してみた所、見事に、エラー(笑) = 著者情報も拾われていない可能性があります^^;

サブディレクトリに置いたまま、にしてしまっていると、著者情報が蓄積されませんので、ご注意を~^^;

トップディレクトリにindexを置く方法は、
重要・サブディレクトリにインストールしたWordPressサイトをルートディレクトリ表示にする
http://hublog.biz/bwpb/sub-root-settings/

に詳しく記載してありますので、参考にして下さい。

Published:2014/05/13

Written by

Google著者情報がエラーになる原因」への1件のフィードバック

コメントを残す