OGP設定の為のfacebookアプリケーションid(app-id)取得・fb-admins確認方法

OGP・app-id・fb-adminsの解説・確認・取得方法

今更だけど、OGP、facebookのapp-id(アプリケーションid)とfb-adminsって何ですか?

OGP設定とは

FacebookやTwitter、Google +などのソーシャルメディアのニュースフィード上で、シェアされるコンテンツ表示を最適化するのが、OGP:Open Graph protocol設定です。

シェア投稿時に、大きな画像を表示させるようにしたり、シェア元のページへリンクさせるようにしたり、を設定します。

設定したfacebookのogpタグから、facebookへの投稿内容を取得する、facebookクローラーさんが情報を読み取ります。

その読み取られた情報をもとに投稿が表示されます。

ですので、ogp設定がうまく出来ていないと、画像が小さくなったり、抜粋がうまく表示されなかったりといった問題が起こります。

例1)タイムラインで画像が小さな場合の表示
小さい画像での表示

例2)大きな画像での表示
大きな画像での表示イメージ

OGP設定でコンテンツをより魅力的にアピールすることで、コンテンツがより拡散されやすくなります。

facebook app-id:アプリケーションidとは

facebookのアプリケーションidというと、なんだかとても難しい感じに聞こえますが、実はとても単純な話です。

facebookは、facebookユーザー用に、所有しているWebサイトとfacebookアカウントとを連携させるためのアプリケーションをフェイスブック開発者ページ(facebook for developers)に用意しています。

この、Webサイトとの連携用アプリケーションに自分のWebサイトを登録すると、それぞれサイト別にIDが発行されます。

これがアプリケーションID(app-id)というわけです。

つまり、ウェブサイトのapp-idを取得したい場合、やることは

「 facebook for developersページでサイトを登録する 」

だけです。(手順は後述します。)

登録する=アプリケーションを作成する→ 発行されるID = app-id

という至極単純なお話なわけです。

アプリケーション作成し、app-idをOGPに加えるユーザー側の主なメリットとしては、

  • WEBサイト上のfacebookのいいねやシェアなどがいいね、シェアしてくれたFacebook の友達のタイムラインに共有されることで、拡散される
  • コンテンツがFacebook上で共有されている状態(いいね数などの統計データ)をアプリケーションページで確認できるようになる

などです。

fb-adminsとは

fb-adminsはフェイスブックの管理者IDです。
フェイスブックに登録時に発行されます。いわば、フェイスブックのアカウントIDです。

OGP設定には、app-id、fb-adminsは必要か?

基本的にはapp-idだけでOK

Facebookの

OGPの設定方法が記載されているページ

「ウェブサイトおよびモバイルアプリのシェアのベストプラクティス」の
3.適切なOpen Graphタグを使用する

を見る限り、OGPタグには、app-idは必須、とありますが、fb-adminsは必須項目ではありません

OGPタグ必須項目

ですので、fb-adminsをOGPに記載する必要は必ずしも無い、と考えられます。

ちなみに、app-idとfb-adminsをOGPからコメントアウトしてURL Linterにかける実験をしてみました

app-id有fb-admins無 app-id無fb-admins無 app-id無fb-admins有 の3パターンでやってみたところ、どの場合もapp-idが無い場合は以下の下の警告が出ましたが、両方ない場合でも一応デバッグはコード200 : エラーなし で通っちゃいました(^^ゞ

以下の画像はapp-id無fb-admins無の場合
Facebookデバッグページの警告キャプチャ

app-idは必須と言っても、無料ブログサイトなどでOGPを個人の裁量で設定出来ない場合も多々あるので、app-idが無い場合にいいね出来ないというわけではないということですね。

ただ、app-idが無いということは、WEBサイトとFacebook SDKのデータの連携されないので、先述の統計データ取得は出来ませんし、これは私見ですが、エッジランク等にも影響があるのでは?と推測しています。

また、経験上、app-idがOGPに無いと、Facebookクローラーの情報取得がうまくいかない現象が多いです。

その為、思ったような投稿にするために投稿の度にデバッグという羽目に・・・。

デバッガーを投稿の度にかける手間を考えると、app-idを取得しておいた方が効率的です。

さて、本題に戻ります。

ogp設定にfb-admins(fbid)ではなく、app-idがオススメなもう一つの理由

fb-adminsはそのまま個人アカウントIDなので、例えば、facebookにログインした時のこのURL欄に
facebookトップページ

このように/fb-admins番号を付け加えて検索すると、
fbidから検索

そのfb-adminsの持ち主のfacebook個人ページが開きます。
パーソナルページが開く例

WEBページのソースコードを隠すのは難しいので、OGPにfb-adminsを入れるというのはWEBサイトから世界に向けてfacebookの個人ページをさらすのとほぼ同義です。

これは、Graph APIエクスプローラページで取得したuser-idでも同じことができますのでご注意ください。

さらすのは全然OK!な場合は心配しなくても良いのですが、

個人のページを知られるのが困る場合もありますし、顔出しOKでも若い女性などでストーカーなどの被害が予見される場合、ogpにはapp-idで設定するのがオススメです。

fb-admins(fbid)が必要な場合は非常に限定的ですが、あります

fb-adminsが必須項目にはない、その一方で、Commentsプラグイン設定説明ページでは、モデレーション(:コメントの表示等の設定をコメント毎に行う事) にはfb-adminsをOGPに記載せよ、とあります。

Facebookコメントのモデレーションについての記述キャプチャ
FROM:https://developers.facebook.com/docs/plugins/comments?locale=ja_JP

コメント欄にスパムメッセージを送りつけてくるスパマーさんや、悪意のあるメッセージを書き込むdisラーさんの相手をしている暇などありません。

facebookコメントを利用し、かつ、スパムメッセージ等に対処したい場合はfb-adminsの記載が必要だということです。

が、これもapp-idが有ればfb-adminsも当然アカウントで紐付けられていますので、必要ありません。

もし、app-idを使わずにfacebookコメントを使用し、スパム対策にモデレーションを使いたい、というのであれば、fb-adminsをOGPに記載しておく必要があります、ということです。

条件が非常に限定的ですが、fb-adminsを確認する方法はチェックしておきましょう。

app-idを取得します!という方はスキップして下さい。

fb-adminsを確認する方法

Facebookの自分のタイムラインで、プロフィール写真を右クリックし、ショートカットメニューから、「リンクアドレスをコピー」をクリックします。
fb-adminの確認方法

コピーしたリンクアドレスを適当なテキストファイルにペーストすると、以下のようなアドレスになります。
この中の&typeの前の15桁の数値があなたのfb-adminsです。
個人のfb-admins
この数値を控えておいてください。
では次に、app-idの取得方法を説明します。

app-idの取得方法ー2016.FEB.時点の方法です

app-idは、facebook for developers ページで取得します。

まずfacebookにログインした状態で上記のページを開きます。

右上にプロフィール写真が表示されているので、その横のMy Appsポイントして、ドロップダウンメニューの中から、Add a New APP をクリックします。
Facebook for developersページ

次の画面で、ウェブサイト用のアプリケーションなのでWWWをクリックします。
アプリケーションの種類の選択

任意のアプリケーション名を入力し、Create New のボタンをクリックします。
アプリケーション名を入力

次の画面では、アプリケーションのカテゴリを一覧から選択、アプリIDを作成ボタンをクリックします。
アプリケーションのカテゴリの選択

次の画面では、SDKなどが表示されます。
クイックスタート画面

画面をスクロールするとTell us about your website という項目が出てくるので、そのSite URL欄にサイトURLをhttpから入力、NEXTボタンをクリックします。
サイトURLを入力

Finished の表示が確認できたら、再度右上のMy Appsをポイントします。ドロップダウンメニューの中に今作成したアプリ名があるのが確認できると思います。

これをクリックします。
アプリの完成、設定画面を開く

アプリの設定画面が開きます。

App IDがありますので、これでOKのような気がしますが、まだ開発モードです。
これを公開アプリにしていきます。

まず、メールの登録をしますので、左のメニューからSettingsをクリックします。
アプリ設定画面

メールアドレスを入力してSave Changesのボタンをクリックします。
セッティング画面

次に、メニューのApp Reviewをクリックします。
App Review

この画面のボタンがNOの状態の場合は、アプリケーションは開発モードのままです。これをYESにして、公開アプリにします。
NOになっているボタンをクリックしてYESにします。
アプリを公開にする

アプリの公開確認画面が表示されるので、確認ボタンをクリックします。
アプリの公開確認画面

公開されているかどうかはアプリ名横の白抜きの○がグリーンで塗りつぶされた●になっていればOKです。
公開されているかどうかのグリーンのマーク

これでアプリケーションの設定はOKです。

左のメニューからダッシュボードに戻って、app-idを確認し、控えておきましょう。
ダッシュボードでapp-idを確認

さて、これでapp-id取得が出来ました!
次回は、header.phpにOGP設定を呼び込むための設定をしていきます。

お役に立ったらシェアなどしていただけるとハッピーです(^^)

Published:2014/02/04

Written by