WordPressテーマを決めよう!ログイン~テーマ選択・インストール方法

WordPressログイン~公式テーマの検索インストールについて

WordPressへのログイン

では、早速WordPressの設定をしていきましょう!
まず、ダッシュボードにログインします。

ダッシュボードへのログイン方法

WordPressのインストールが完了すると、ダッシュボードが使用できるようになります。

ダッシュボードとは、各種設定や投稿をするための管理画面の名称です。

このダッシュボードにログインするには、まず、ブラウザ:Internet EXplorerや、Google Chromeなどを開きます。

URL欄に使用するドメイン/インストールしたサブディレクトリ/wp-login.phpを入力します。

例えば、ドメイン名が xxx.com場合は、

http://xxx.com/インストールしたサブディレクトリ/wp-login.php

と入力します。

LOG IN URL

ログイン画面が表示されます。

ログイン画面

ログインIDとパスワードを入力、ログイン状態を保存するにチェックを入れてから、ログンボタンイをクリックします。

ダッシュボードが表示されます。

WordPressのダッシュボード1

この状態でブラウザのお気に入りに登録しておくと、ログインが簡単です。
※ただし、ネットカフェのような、見知らぬ複数の他人で共同で使うようなPCの場合は、ログイン状態の保存もお気に入りへの登録もしないで下さい。

WordPressテーマの選択

では、テーマを選択しましょう。
ダッシュボードの左メニューから、外観をポイントして、サブメニューからテーマをクリックしてみましょう。

WordPressダッシュボード
WordPressダッシュボード

テーマについては、ざっくりと以前の記事「WordPress初心者のための最初の一歩「WordPress」の基礎知識」で書きましが、

テーマは

  • PHPで書かれた複数のテンプレート
  • スタイルシート
  • 画像、言語、説明ファイルなど

がセットになったものです。
phpファイルの役割概略図

公式なテーマについての内容を確認するには、以下のURLがおすすめです。

テーマの使い方

すでにデザインや、メニューなどのパーツが用意されているところに、自分の入れたい写真や記事などを入れていく事で簡単にブログやブログ型WEBサイトを作れるようにしてあるのが、テーマというわけです。

初期設定では、Twenty からはじまるデフォルトのテーマが用意されています。

デフォルトテーマはもともとカスタマイズ前提のテーマですが、それぞれの特徴としては

  • Twenty Fourteen・・・マガジン/ニュース型サイト用
  • Twenty Thirteen・Twenty Fifteen・・ブログ用
  • Twenty Twelve・Twenty Sixteen・・・マルチに好きなように使える、汎用テーマ

といった感じです。

最初の設定では、その時点での最新のTwenty から始まるテーマが適用されています。

テーマはこれらだけではなく、公式、非公式に多くのテーマが作られており、有料で販売されているものもあります。

ただ、初めてのWordPressなら、ガイドラインに沿ってつくられ、審査を受けた、公式のテーマになさったほうが賢明です。

非公式のものには、悪意のあるソフトなどが仕込まれているものもある、という報告も目にしますので、注意が必要です。

公式テーマは、外観 → テーマ → 新規追加 → テーマのインストール画面から検索できます。

テーマ選択画面で条件検索でテーマを探す

また、テーマの画面上部にある、新規追加ボタンをクリックすると、テーマを検索できる「テーマのインストール」画面になります。
テーマのインストール画面1

ここでは、特徴フィルターを使って、様々な条件検索ができます。

テーマを追加・特徴フィルター

この画面の特徴フィルターでお好みのテーマの条件、例えば、

色は白、
レイアウトでは、レスポンシブ、列数2列、右サイドバー、
機能では、全幅テンプレート

とクリックし、特徴フィルターを選択

フィルターを適用ボタンをクリックすると、

フィルターを適用ボタン

設定したフィルターに合うテーマが表示されます。

フィルターによるテーマの検索結果

特徴は複数選択もできるので、ご自分のサイトイメージの特徴を選択して検索してみましょう。

うまく見つかりましたか?

表示されているテーマの中に使いたいと思うテーマが見つからない場合には、キーワード検索をして探してみましょう。

テーマのインストール画面でのWordPressテーマのキーワード検索

キーワード欄に条件を入力して検索ボタンをクリックします。
このとき、英語でないと条件にヒットしませんので、英単語で検索キーワードを入力します。

例えば

  • 店舗用 = shop
  • 写真・イラストなどの画像/作品集 = portfolio

といった単語で検索します。

デザインや機能から探す、特徴フィルターと比較すると、キーワード検索では、

サイトの用途にあうテーマ

を探しますので、より使いやすいテーマが発見できるかもしれません。

例)ビジネス・・business:企業向けに作られたテーマを検索
キーワード「ビジネス」のテーマ検索結果

例)Woo commerce:ショッピングカート名。これに対応するテーマを検索
キーワード「Woo Commerce」のテーマ検索結果

Google検索でテーマを探す

Googleなどで「wordpress 公式 テーマ 無料」などと検索すれば、見本を見られるたくさんのサイトが検索結果が出てきますので、ご自分の好みに近いものを選択するのも良いと思います。

おすすめは、テーマタンクさん。
サンプルサイトを作成してテーマをじっくり検証してあるので、とても参考になります!!

このように様々な検索方法がありますので、ぴったりのテーマをぜひ発見してみて下さい。

テーマの良し悪しをユーザー数などから計ってみる

見た目が良くても使い勝手が良いか、使いやすくて多機能なのか、読み込みが早くてSEOに強いとか、テーマにはそれぞれ強みがあるものですが、そういったことも使ってみなくてはわからないものです。

ただ、ひとつの指標としてわかりやすいのが、使いやすい便利なテーマ=優れたテーマならば、現在使っているユーザーさんが多いということ。

これらについては、WordPress テーマ名 で検索すると、WordPress公式テーマページやテーマについての詳細ページが見つかりますので、このページで調べることが出来ます。

例)テーマ「storefront」を検索
wordpress storefront検索結果

そのページで

  • 有効インストール数:インストールされて使われている数

インストールしても使いにくい場合、使い続けることは考えにくいので有効インストール、つまりインストールして有効化され、使い続けられている数が多いのか少ないのか

  • 最終更新日

これがあまりにも過去の日付ならば、もう更新されない、つまりWordPressのバージョンアップやシステム変更にあわせてテーマもバージョンアップする必要があるが、それをやめてしまったと考えられるので、やめておいた方が良い

  • 現在のWordPressのバージョンでも使用できるかどうか

バージョンアップ直後の場合は未対応のものも多いが、少なくとも一つ前のバージョンには対応しているもの

といったことを目安にすると良いと思います。
WordPressテーマStoreFrontページ

テーマを追加画面でプレビューでインストール前にテーマの内容を確認する

新規テーマの追加画面で気になったテーマをプレビューで見るには、そのテーマのプレビューボタンをクリックします。
新規テーマ追加画面プレビューを見るには

プレビュー画面ではテーマの投稿ページや投稿トップページ、固定ページ、hタグなど、テーマに備わっていることをチェックできます。

テーマのプレビュー画面

テーマのインストールをしてみましょう

ではテーマのインストールをしてみましょう。

ここでは、レストランオーナー、店長さん向けにぴったりのテーマ「Restaurateur」を検索して、インストールをしています。

テーマのインストール
テーマのインストール

検索すると、Restaurateurのプレビューが表示されました。

テーマのインストール
テーマのインストール

インストールをクリックすると、下の画面になり、すぐにインストールが完了します。

テーマのインストール
テーマのインストール
テーマのライブプレビュー
テーマのライブプレビュー

ライブプレビューをクリックして、確認してみましょう。

OKならば、保存して有効化ボタンをクリックして有効化します。

なんか違うな~^^;という場合は、閉じるボタンをクリックし、また別のテーマを探してみて下さい。

テーマが決まったら、閉じるボタンをクリックして、テーマ画面に戻ります。

テーマを入れる
テーマを入れる

インストールしたテーマの削除

インストールしたテーマは、テーマ画面から削除できます。

削除するテーマのテーマ詳細をクリック
削除するテーマのテーマ詳細をクリック

テーマ詳細画面の右下にある、削除ボタンをクリックします。

テーマ詳細画面

削除の確認のポップアップ表示がでるのでOKボタンをクリックします。
削除の確認ポップアップ

ではでは、テーマ探しの楽しい旅にお出かけ下さい(笑)

次回はプラグインについてです。

Published:2014/01/04

Written by

コメントを残す