WordPressテーマのカスタマイズ

WordPressのサイトをカスタマイズするためのノウハウ記事をカテゴライズしているページです。

サイトのデザインを変更したり、SEO施策を付け加えたりすることで、ビジターさんにどこに何があるのかがわかりやすくしたり、記事を読みやすくすることができます。

あなたのサイトをビジターさんに喜ばれるサイトにするためのカスタマイズの一助になれれば、と思います。

SEO施策・サイト評価を守れ!WordPress重複コンテンツ対策

重複コンテンツ解消

SEO上、サイトを適切に評価してもらうためには、重複コンテンツはない方が良いのですが、知らぬ間にWordPressサイトで重複コンテンツを発生させてしまうケースがあります。重複コンテンツが多い場合、サイトの評価ダウンにつながりますので、発生したらすぐに対処することをおすすめします。ここでは、ありがちな重複コンテンツ発生原因とその背景、重複を解消するための対処方法までを解説しています。

ワードプレス ブログ記事の”SEOな”最終更新日タグの作り方

modified-date

検索エンジンはページ内からデータを収集し、最終更新日も記載されていれば取得しますが、検索ユーザーにとっても記事上の公開日、最終更新日の記載は、このコンテンツの新しさや更新の情報を知らせるものでもあるので、コンテンツの有用性や信頼性を確認する上で重要なものです。このページではSEOも考えた最終更新日タグの書き方について書いています。

WordPressブログ記事用schema.org JSON-LDをPHPで書いてみた

WPブログ用schema_org JSON-LDの書き方

schema.org の JSON-LD でのWordPressのブログ記事向けのPHPを記述する方法です。他のmicrodataやRDFAに比べると格段に記述が簡単です。PHPで書かれたものをコピー→自分用にカスタマイズ、ペーストで設置する方法について解説しています。

リッチスニペット施策schemaのmicrodataをWordPressブログに設定

リッチスニペットで検索結果に載ろう

リッチスニペットをかなえてくれるらしい、schema.orgのマークアップ。ブログ記事は対象外だと思っていましたが、使えるようなのでチャレンジした記録も兼ねてmicrodataでのマークアップ方法と、注意点などについて書いてみました。

WordPressウィジェット エリアの追加・表示・条件分岐の方法

ウィジェットエリアの追加・表示・条件分岐表示

ウィジェットエリアの追加・表示・条件分岐しての表示方法について。ウィジェットはサイドバーやフッターだけでなく、投稿ページなどでも使用できます。新しいウィジェットエリアを投稿ページに追加することで、簡単に記事の上や下の領域をウィジェット管理画面から変更することができるようになり、便利です。また、条件分岐での表示の切り替え方法も書いています。

WordPress Popular Posts応用|人気記事の記事上表示・条件分岐

記事上に人気記事一覧を作る

WordPressプラグイン・WordPress Popular Postsのショートコードをテーマファイル内で使い、投稿記事の上に人気記事のリストを表示させる方法について、ブログトップページ、スマホ表示の際には非表示にする条件分岐タグについて解説しています。

WPカテゴリページのSEO的カスタマイズ・LP化&重複回避

カテゴリーページのカスタマイズ

WordPressのカテゴリーページをランディングページ化し、重複コンテンツ回避をするためのカスタマイズの方法を書いています。SEOに配慮したカスタマイズで、カテゴリーページをただのアーカイブページから、サイトの戦力となるページへと変身させましょう。

WordPressテーマTwenty~のカテゴリページ等を抜粋一覧等にする方法

WPアーカイブページの記事を抜粋一覧にする設定方法まとめ

ワードプレスのデフォルトテーマ、Twenty Twelve、Twenty Thirteen、Twenty Fourteen、Twenty Fifteen、TwentySixteenのブログページ、アーカイブページの記事を抜粋一覧にする設定方法をまとめました。

WordPressでアイキャッチ画像を好きなサイズで設定・使う方法

Mission・任意のサイズのアイキャッチ画像を設定して思いのままのディスプレイを実現せよ

WordPressのアイキャッチ、または、アイキャッチ画像(旧称:投稿サムネイル)は、投稿を一覧表示した時などに目を惹き、インパクトを与えるもの。アイキャッチの有無で回遊率にも影響があります。好みのアイキャッチ画像のサイズをWordPressの「add image size」で追加登録し使う方法を説明しています。これで、設定されたアイキャッチ画像サイズしか指定できないプラグインでも、固定ページでもサイドバーでも、様々なところで好みのサイズのアイキャッチ画像を自在に表示できるようになります。

Facebook投稿のデバッグはもう不要。プラグインFacebook Linter

まだFacebook投稿のデバッグで消耗してるの?

ブログ記事をFacebookでシェアしようと思ったら、アイキャッチ画像が表示されない、小さくなる、謎の人影画像になる・・のを自動的に回避、公開・更新時に即座にデバッグしてくれるプラグインFacebookLinterの設定方法