WordPress・外観の設定・メニュー作成の基本的な使い方

ナビゲーション

メニューの機能を賢く使って、サイトの使い勝手をアップ!

WordPressのメニューは初期設定では、固定ページを作ると自動的に出来ていくようになっています。

カスタマイズするといっても、メニュー設定はあまりに簡単に、直感的に使えるので、最初は「これでいいの?」^^;という印象さえ持ったものですが、使えば使うほど、味わい(?笑)の増す機能です。

では、まず、メニュー画面を良く見てみましょう。

管理画面左のメニューから外観をポイント、メニューをクリックします。
外観・メニュー

メニュー画面がひらきます。
テーマの設定・メニュー1

初期設定ではメニュー1という名前のメニューが用意されています。

この初期設定メニュー1がヘッダー部分のメインメニューの場所に表示されています。
テーマの設定・メニュー1

初期設定で、固定ページが自動的にこのメニュー1に追加されていくようになっています。

最初の段階でこのサイトを開いたときに表示される、ホームのページと、固定ページのサンプルとして存在するサンプルページがメニューに表示されています。

固定ページを追加すると、メニューにも追加される

何も設定をしなくても、固定ページを追加すれば、追加した順番にこのメニューに追加表示されていきます。
例)お問い合わせページを固定ページとして追加した場合
外観設定・メニュー

既存固定ページタイトルを変更すると、自動的にメニューも変更される

個人ブログの場合、サンプルページを自己紹介ページなどに使うように誘われるので、サンプルページをそのまま自己紹介ページにする方も多いのではないかと思います。

既存固定ページタイトルを変更すると、自動的にメニューも変更されるようになっていますので、

既にある「サンプル」ページタイトルを変更して「自己紹介」ページを、例えば「ABOUT US」と変更すると、メニューにも自動的に反映されます。

このとき、ページタイトルがそのままメニューボタンになります。

例)サンプルページを自己紹介ページとしてタイトルを「ABOUT ME」として編集した場合
外観設定・メニュー
上のように、新たに付け加えられたまたは編集された固定ページがホームのすぐ右に入ります。

特にブログ以外に公開する予定が無い場合には、固定ページのサンプルページを削除するだけでOKです。

メニュー項目に固定ページが自動追加されるのは良いけど、タイトルが長すぎる、という時には

タイトルが長すぎて、メニューの見た目が、という時は、メニュー上での名前の変更ができます。

変更したいメニューの項目の▼をクリックし、設定オプションを展開します。
ナビゲーションラベルの変更

ナビゲーションラベルを短縮・変更し、メニューを保存すればOKです。
ナビゲーションラベルの変更

メニューにいらない項目を削除するには?

固定ページを作成し、メニューに自動的にテキストリンクが追加されたけれど、これはメニューに入れておきたくないという場合もありますよね。

その場合は、削除したいメニューの項目の▼をクリックし、展開される設定オプションから、削除をクリック、保存すればOKです。
メニュー項目の削除

メニューの順番を変更したい時には

各項目をドラッグして順番を変更することができます。
各項目をドラッグして順番を変更

ドロップダウンメニューも作成できる

項目内にサブメニューを作り、、それをドロップダウンメニューにすることもできます。

以下のようにサービスの中にサービス内容を分けるような固定ページを作り、それをメニューに載せたいけれど、並べるのは・・といった場合に使えます。
メニュー例

サブメニューにする項目をドラッグして、右に動かすと、少し右にずれた点線枠が表示されるので、そこにドロップします。
ドラッグアンドドロップでサブアイテム

サービス1,2をサブアイテムにした場合、
サブアイテムにした場合の例

メニューは下のようにドロップダウンで表示させられるようになります。
ドロップダウンメニュー

グローバルメニューが消せる、空メニューの作り方

他にサイトがあって、ブログだけの状態で使用していると、固定ページが不要なため、メニューがHOMEだけ、なんてこともあります。

HOMEだけが表示されているメニューなんていらない・・そんな時は空メニューがおすすめです。

新規メニューでリンク項目が何もない、空のメニューを新たに作り、
外観設定・メニュー

更に、その空のメニューをメインメニューに表示する設定にし、メニュー1と置き換えます。
このように空のメニューを置くことで、メインメニュー自体が非表示になります。
外観設定・メニュー

メインメニューが非表示になっています。
外観設定・メニュー

メニュー1を削除してしまっても良いのですが、後にコンテンツが増えて、メニューを作りたくなった場合に雛形があった方が良いかもしれないと思い、空メニューでの方法にしてみました。

では、次回はコンテンツが多くなった場合などのメニューの使い方の応用編をみていきましょう。

Published:2014/01/23

Written by

WordPress・外観の設定・メニュー作成の基本的な使い方」への2件のフィードバック

コメントを残す