サイトを持っているなら、Googleウェブマスターツールもお奨め

googlelogo.jpg

Googleウェブマスターツールを使った方が良い理由

先日Google Analytics設定の設定について書きましたが、Googleウェブマスターツールもオススメだよ!というお話です。

※ウェブマスターツールがSearch Console(さーちこんそーる)と名称変更しましたので、以降両方を記述します。

Googleウェブマスターツール(Search Console)とは

その名のとおり、Googleさんが提供している、ウェブサイト管理者用ツールです。

googlewebmastertool
http://www.google.com/intl/ja_jp/webmasters/

Gmailをお使いなら、Googleウェブマスターツール(Search Console)を使い始めるのは簡単ですし、特にお金がかかるわけでもありません。

他のGoogleのツールと同様、直感的な操作が多く、わからない事もすぐに調べられる思いやり設計が結構ゆき届いていて、「さすがGoogleだぜっ!」って勝手に感心(笑)

まあ、それはさておき、何故Googleウェブマスターツール(Search Console)をお勧めするかというと、
Googleアナリティクスがアクセス分析に使えるツールである一方、Googleウェブマスターツール(Search Console)は、WEBサイトやWEBページのインデックスに関する様々な管理ができるツールであり、

この、「インデックスされる」ということがWEBサイトにとって最重要事項のひとつといっても過言ではないからです。

そもそも「インデックス」って何ですか?

Googleや、Yahooの検索サイトの検索結果上位に表示される事はWEBサイトを持っている方なら、誰しも望まれる事だと思います。

Googlebotくん

が、まず、検索候補にあがる為には、これらの検索エンジンの検索ロボットにサイト内をクロールして、インデックスしてもらわなくてはなりません。

この、「クロール」「インデックス」ですが、ざっくり言うと、

  • クロールとは、サイト内情報を確認する事
  • インデックスとは、クロールしたサイトの内容を検索データベースに加える事

といった感じでしょうか。

WEBの世界が巨大な情報の集合体だとすれば、検索結果に最適な情報があるページを表示させるべく、検索エンジンはその情報の集合体を調べてデータを蓄積しています。

どのページに何が書いてあるのかを把握しておかなければ、検索結果を表示させることはできないからです。

これを逆の立場、つまり、WEBページを作る方から言えば、どのページに何が書いてあるのかを検索エンジンに把握してもらわなくては、検索結果に表示されることはない、ということです。

詳細を知りたい方は以下のページをどうぞ(^^)

Google検索サービスについてのサイト
クロールとインデックスhttp://www.google.co.jp/intl/ja/insidesearch/howsearchworks/crawling-indexing.html

もっと詳細が知りたい方はこちらのページからどうぞ(^^)

google検索の仕組みページ画像

さて、新しいサイトが整ったら、すぐにgoogleさんにクロール・インデックスしてもらいたいですよね?

でも、来てくれるのを待っていると、結構時間がかかります。

今までの経験上、色々と諸事情が絡むので一概には言えませんが、ただ待っている場合、早くて1週間位です。

これは、WordPressのサイトでも例外ではありません。

ウェブマスターツール(Search Console)には、このサイトをインデックスしに来てください!
というリクエスト機能があり、これを使う事によって、インデックスまでの時間を短縮できます。

また、サイトを更新した時にも、このインデックスリクエスト機能を使うと更新内容のインデックスが早まる為、検索結果に現れやすくなります。

情報の鮮度が検索結果を左右する場合もある

前述したように、Googleさん(検索エンジン)の最大の目的は、
「検索しているユーザーが、最適な検索結果を得られるようにする事」
です。

ページの閲覧数=お役立ち度などによって、またいろいろとページのランクが決まるので、一概には言えませんが、

もし、同じようなページランクで、同じような内容の1年前のものと1週間前のページがあったら、新しいものが優先されると考えられます。

サイトの更新度合いは、サイトの中の情報が新しさ度合いにもつながるので、更新が多いサイトはページランクが上がりやすい、と言えるでしょう。

あ、だからといって、空っぽのページをあげたり、他のサイトのリンクを羅列しているようなページをあげるのはNG。

インデックスされたら、すぐにわかっちゃいますからね(笑)

以上、Googleウェブマスター(Search Console)を使った方が良い理由、でした(^^)

Search Consoleの具体的な登録方法、設定方法については以下の記事を参考にしてみて下さい!

「【使わなきゃ損】はじめてのGoogleサーチコンソール・登録&SEOにも効く5つの設定」

お役に立ちましたら、シェアなどしていただけるとうれしいです(^O^)/

Published:2014/04/20

Written by

サイトを持っているなら、Googleウェブマスターツールもお奨め」への2件のフィードバック

コメントを残す